親指の使い方のヒント4 動きの方向性 意図と感触

カテゴリ:
演奏するときの指先について。
複雑な動きの中で、固さや力みを減らしたいと思っています。
自分全体の使い方を思い出し、練習していきます。

そこで、わたし自身のレッスンで、頂いたアイディアは親指についてのことでした。

親指に指先へ向かって伸びていく、方向性の意図を持ってみる

そこで、わたしなりの、アップデートができました。
プランは最後に。


みなさまの観察のヒントになりますように。
以下よろしければ「親指の使い方のヒント」過去記事をご参照ください。
親指の使い方のヒント1
親指の使い方のヒント2 ~手首
親指の使い方のヒント3(左手のポジション移動)


・親指は、どの他の指とも向かい合わせる様に働く動きがあります
・指には受動的な可動性があります
・全体でつながりをもって一緒に働きます



観察していくと、動きに頼りなさがある時、力が必要だと思う時、
むしろ親指が少し外れたり、関係がとぎれていることに氣がつきました
おや?力まないようにと、ゆるくしてたのは思い当たります

親指も、指先に向かって伸びていけるような方向性について考えながら、
他の指と一緒に動いていていくことができるように、観察していると、
双方に指との関係性が改善できる場面がたくさんあるのを実感しました。

相対する指と、もっともっと一緒にバランスできる
弾きやすくなった~あらためて大事だなと再発見。
では、右手の親指はどうかしらこれも観察してみよう。



指先に向かって伸びていける方向性を助けるのは、自分全体のつながりですが、そのために様々な感覚情報が働いています。 
体の機能は、骨や筋肉とそれらを包みつなげる有機的なネットワークによって、たくさんの感覚情報を精密にやり取りしています。

身体には皮膚から深部までのあいだに層になって働いているファシアについて学ぶ機会があり、様々な構造が精密にネットワークすることで、全身つながって働いているのだなぁと感嘆します。


触覚の受容器には、図のような、範囲や深さのについて感度の異なるセンサーもあって、刺激と変化の情報を繊細にキャッチできているのですね。

楽器を演奏するときは特に、指先の動きの繊細さには、このような感覚が関わっているでしょう。

IMG_20210906_132806
画像参照
触角の4つの機械受容器
「カンデル神経科学」より










「指先には脳の支店があるんですよ」という、ヴィヴィアン先生がカザルス氏から言われたというお話を思い出します。


必要な意図のためにいつも「親指も一緒に動く」と考え、
自分全体のつながりの中で、指先に向かって伸びていくように働いたらどうかしら?

指板をはさんで向き合う指が、どの指もいつももっと仲良くなる。
重音では?
あるいは指板に上がる時、ハイポジションではどうかな?
そうすると、双方の動きをより意識しているようになりました。


動きの意図はその時々で様々なので、考えるときもっといろんな意味も含んでいます。
全部一緒に1つずつ順番に。
動きの中で考える。
意図、その意味をみつけていきます。


出したい音を思い(音楽の意図)
頭が動けて、そうすることで自分全体が一緒に動くことができて
指先へ向かって伸びていくように動くことができて(方向性の意図)
弾きたいところに行くことができて
弦に触れて押していくとき
親指も一緒に動くことで
演奏する指の自由さを補い合うことができる


最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。



カテゴリ:
さあ、やりましょうと思う時。
動く前に、静かな時間をとってみます。

どんな準備が必要でしょうか?




範囲をここまでと決めてみます。
まだ具体的に動くことはしません。
大切なことで着目したいこと、先に1つ選んでみます。

決めた範囲をやって(弾いて・あるいは弾くとは限りません)、
とりあえず決めたところの終わりまで行ってみましょう。

終わりまでできたら、おめでとう!
すぐやりなおしたくなりません?(笑)
時間を取ります。
振り返ります。
どこか氣になりましたか?
振り返る必要のある範囲が、だんだんいくつかに絞られるかもしれません。


今起きたことからの、
氣付きと思考か?
「あ、どうなってる?、どうしたい?
感情と評価か?
「間違った、だめだな💦」
どちらに向かっているか少し整理しましょう。

違ったと思うとき、
上手くできない時、
もっと違うようにやりたい、という思いを大切に拾い上げていきましょう。

同じようなことを繰り返しているときに、
これまで学習してなじんだやり方が、どんな傾向・方向性をもっているのか、
そこからまた違うようにできるには、視点を変えてみるように、
必要な考え方にも取り組んでみる必要があるのではないでしょうか。



********************************

上手くいかなかったところがあると、そこで止まってそこからすぐにやり直す時、
弾きながら読みを確認しているのかもしれませんね。
では、その部分を読んで・歌ってみましょう。




パート1⃣表現したい内容

🅰
①情報収集、必要な要素
どんな音名?
どんな音程?
どんなリズム?
どんな強弱?
どんな表情?

②分析、関連性
音形、音の並びの関係性を調べる
指使い、指の組み合わせの指示・可能性の選択
ポジション、音域について楽器の構造上・表現上の可能性の選択
ボーイング、表現の指示可能性の選択

③プラン/設定 大切なことを組み立てる
難易度
・テンポ
・扱う内容
・扱う範囲

🅱
新しい情報からの考察
・理解を広げる・深める
・注意力を広げる・深める
・サポートを広げる・深める

新しい情報から
・新しいプラン
・新しい実験へ



パート2⃣

以上を行う自分自身について

表現する具体的な動き
どんな気づき
どんな分析
どんなプラン
どんな新しい実験
どんな新しいプラン



などなど、意識してやってみましょう。
今日は多くのことについて書きました。
今自分が上の項目のどのあたりにいるのかな?
そんなきづきも役立ちます。

もう少し具体的な事象について、例えばレッスンで取り組んでいることなど、
素敵な気づきについて、また書いてみようと思います。


********************************

困難さ、手に余る、あれこれ混乱している
難しく思うことは、情報不足ということがあるでしょう?
詰め込みすぎということもありませんか?
慌てて全部盛り込んでいませんか?

見直しは1つ1つで。
それぞれを見ていけるように、
必要なプロセスを組み立てていける、
そのために必要な時間がとれるかどうか、
そんなところも大切と思います。
いかがでしょうか。

楽器ができることを、どうとらえているか、
自分がやりたいことを、どのようにやろうとしているか、
どんな自分でやろうとしているか。

構成しているものは、たくさんたくさんあって、
やってみた体験、捉え方の体験は、可能性への経験値ですね。
なんだか話を広げすぎでしょうか。


自分の知っていることから、やってみたこと・起きたことについて静かに振り返り、
静かに眺めるその間を作れるような自分全体の在り方についてみていける、
それこそが必要なトレーニングなのでした。



わたしの体験から。
情報は、どのように得られるのでしょうか?
そこでの、自分の定義を保留してみる必要がある。

何が、必要な事柄を見えにくくさせているのでしょうか。
思い込み、こうであるべきという理由、そこには恐れが隠れているのです。
今わたしはこう考えている、と調べてみることは大切です。

何が起きているのか、事実をよく観察しましょう。
観察、分析をしましょう。
新しい可能性に新しい視野を広げていきましょう。
それは実はとても繊細でかつダイナミックな出来事です。




最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。







このページのトップヘ

見出し画像
×