チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

私たちの手は、たくさんの情報を受け取ることができますね。


温度や質感、動きや振動。

それは、本当に繊細で、なんと驚くべき精巧な仕組みでしょうか。


日常生活のためのみならず、生存や保護にも拘わるし、
コミュニケーションでは大切な役割をになっています。

情報を発信もしている。
何かを動かし、生みだしている、手です。

手はその人の考えを表すことができる。
あらためて手だけで働いているわけではないなぁと思います。


皮膚に触れるだけでも、情報が身体の中でかけ廻っていくのですね。
様々な細胞は、連携して情報を伝える。
神経伝達物質が送られ、ホルモンの分泌も促す。


「指は脳の支店なんだよ」と、カザルス氏の話したことをビビアン先生もおしゃっていました。


情報は、行き来して、
同様に、触れられることで、双方向に起きる変化も繊細にあるわけです。

手を動かし、物を動かし、空気を動かし、伝わっているんだなぁ。


音楽を聴く時は、目をつぶってみることで、
視覚以外の感覚全てを全身で受け取っていると思います。

身体は触れる前から、その距離感や空気の動きの気配までキャッチしていますね。
手では触れていなくても、触れている様々な情報がある。


今ここで受け取る自分に、発信する相手に、
本当に繊細さがあることを、大切にしたいと思いました。


****

先日ゆかさんの授業で、足の踏みっこをしました。

お隣さんの中足骨を思いつつ足でマッサージ。
いろいろやり方を模索。

「相手の血液を動かしているんだよ~」
なるほど、そうだね(^O^)

血液は、酸素のみならず、ホルモンや栄養や、老廃物を運ぶ、情報の通路でもあるんですよね!

まだ寒い朝のクラスでしたから、
足の踏みっこをしたおかげで、お互いにポカポカしてきました。

きっと、動いたことだけじゃなく、
つながりホルモンのオキシトシンも働いていたことでしょう。
とっても楽しい、笑顔の時間になりました。


そういえば、私が子供の頃、
校舎は今のようには暖房が充実していなかったので、
(石炭、コークスのストーブから、石油に切り替わるころ)
寒かったから、おしくらまんじゅうで、よく遊びました~。



最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

あまりなじみがないかもしれません。

粉せっけんの、気軽な活用方法をご紹介します。

溶かして使う、とろとろせっけん
sc_ehon09

純せっけんを使います。
合成洗剤ではありませんのでご注意を。



とても簡単に(実はとても低コスト)作れて、なかなか使い勝手の良いものです。

これからの季節、大掃除や洗いものに、きっと役立つことと思います。


***


豆知識KIMG1162

純せっけんは、手に優しい。
自然の環境に分解されます。
環境ホルモンを含みません。
これらも、せっけんの大事な利点です。

最後の、「せっけん生活はじめかせんか?」を、ご参照ください。

粉せっけんは、お洗濯同様に、良く溶かして使うことで、洗浄力が発揮されます。

お洗濯は、ウールはびっくりするくらい、ふわふわになります。
木綿もゴワゴワしません。


せっけんはちょっと高価と思うことでしょう。

今回のご紹介するのは、KIMG1163大さじ1杯で200ccできるのですから・・・
ちょっと計算してみてね。
泡切れがとてもいいので、すすぎも早い。
実は、経済的で環境に優しいすぐれものなのです。

お洗濯のすすぎには、クエン酸を水で溶かしたリンス液を作って少量使います。
これがまた凄ーーーく安上がり!(お酢より安い)

これではちっとも儲からないので、宣伝しないわけですね(^_^;)


***

注意:「純せっけん」と書いてあるものを必ず使ってくださいね。
KIMG1165


材料

純せっけん粉、だいたい大匙1杯くらい
お湯、だいたい100~200cc

今回使用したのは、こちら。
生活クラブ 洗濯用無添加せっけん(針状)
http://seikatsuclub.coop/item/goods/376388.html


道具

溶かすコップ(計量カップなど)
保存用容器 (小瓶や、蜂蜜のポリ容器など)
じょうご( 容器に移すため、液体にとろみがあるので)


作り方

大さじ1杯位 を溶かす容器に入れて、お湯を注ぎ、くるくるかき混ぜます。KIMG1167

溶かす時、容器でふたをする場合、
強く振ると、泡だって圧が高まり、ふたを開けたら吹きこぼれました。
軽くね。

完全に溶かす必要はありません。そのうちなじみます。

瓶ならそのままでも。
ポリ容器などに移して出来上がり。


じょうごは、蜂蜜容器の口(写真白い部分)を、逆さまにして使う、という裏技も発見。ただ小さいので少しずつ、ゆっくり根気よく注いでください。

お湯が多いと、薄めにさらっと透明な液体。(3枚目右)
少ないと、トロンとしたジェル状に。
すぐ使えます。

冷めて、翌日になると硬さが出ます。(3枚目左)
ゼリー状に硬くなったら容器を振って緩めてください。

蜂蜜容器は、少しづつ押し出して使いやすいので便利です。
いい思い付きだったと、我ながら思います(^^)v

液体せっけんを泡状にして使えるポンプを長いこと使ってきましたが、
今はとろとろせっけんの方が良く落ちるので、ポンプ容器はもうすっかりお蔵入りです。

この溶かすひと手間だけで、液体せっけんを買う必要もなくなりました。


使い方

ガスコンロには、少量を伸ばして、少し時間をおいて置いてなじませて、拭き取ります。
お皿などは、スポンジに少し取って普通に洗います。

あらかじめ汚れをある程度ふき取っておけば、なお効率がいいですね。

油汚れがすっきりしないときは、もう1度繰り返してみてください。


是非お試しを。
気持ちよく、すっきり洗えると思いますが、いかがでしょうか。


***


せっけん生活は、エコロジカル(自然と環境と調和する)や、サステナビリティ(持続可能性)につながる提案の1つですね。

かわいいイラストの解説もご覧くださいね。

「せっけん生活はじめかせんか?人にやさしい 自然にやさしい」
http://www.seikatsuclub.coop/ebook/soap/?_ga=2.214751319.1752330771.1510281735-855580376.1508207659


 最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

先日チェロを始めたばかりで、とってもワクワク♡しているYさんに、
プチレッスンする機会がありました。

どうですか~?とお尋ねすると、
「C線が鳴らせない」ということでした。


音をだしやすくするために、何をしたらいいかな?


さまざまなことが、その都度、新鮮な体験です。

そのときの弦の様子、弓の様子はどんな?

C線は、どんなかな?
他の弦と同じように鳴らそうと思っていると、上手くいかないかもね!
C線は太いし、角度などさまざまに条件が違います。

C線に向かう動きをやってみる、
そうしたら、どんな音が出るかしら。
最初はこわごわ触れるようかもしれないけれど、大丈夫。

ガリっていっても、スカッと滑っても、それは音を生み出す動きによる成分。
それらをどうブレンドするかが、腕の見せ所なんですね!!
どのように鳴らしたいかも、だんだんに見えてきます。

こんな動きで、こんな音、というワクワク♡体験を、
めいっぱい楽しんくださいね~\(^o^)/


*****


音は動きから生まれます♪

発音に必要な動きを、1つ1つ、準備します。


楽器を自分のところへ持ってくる。
弓を持って、楽器のところへ持ってくる。
これを大切にしてみるのがおすすめ。

構え・持ち方を習うとき、
はじめは、「この形で、この位置に」、と習うこともあると思います。

「これがここ」に来るまでの間動きの様子を大切にしたいです。
見た目の形は、動きの中でのある場面を取りだした様子なのです。


それをする前の、考えが動きを作ります。

どのように考えて、どこが動くときに、そのように見えるのかな?

なるほど、こうなるねという理由は、だんだんに見えるし、
それによって、不必要な動きはどんどんなくなっていくのが合理的です。

美しく見えることは、機能的でもあるということも言えると思います。

観察力を育みながら、必要な動きが無理なくできるように
こうするとこうなるという体験を実際に重ねることが、
お稽古の内容でもあるわけです。


****


まずは、全体の様子を観察しつつ
エンドピンの長さと、エンドピンを刺す位置の調整をします。

この長さ、というのを決めるのが好きな人もあると思います。
日々身体の様子は違うと思いませんか?
いつも同じと決めなくても、今日はどうかな?と、いろいろ試してみましょう。

もしかしたら、弾きながらまた変えたくなるかも。
なんでかな?って考えてみてね。


*****


構えの動きを見てみましょう。

大きい楽器なので、持ってくる時に近付くとよける動きをしがちですが、
楽器が自分のところへ来るようにします♡
やってきた子供をそっと受けとめるようです。

頭が動けるようにして、そうすることで自分全体をついてこさせて、
チエロの前に両腕をまわして、そっと抱きかかえるようにしてチェロと一緒に揺れてみます。

胴体と脚は、股関節から動けます。 
楽器を安定させるには、自分全体の動きが必要です。

支えは、頭から足までの全体で働いてくれる。
弾きやすさは、自分全体の動きやすさですね。


*****

自分全体の働きの中で、
動く前に、意識して、ちょっと考えます。

弓を持つ手の動き。
弓を弦にのせる腕の動き。

こうして、こうしてを、1つ1つやってみましょう。
そして、音を出していきます。

これらは、考えなくてもできるようになるというよりも、
自分全体を思う考えに、自然に含まれていくこと。

さらにまた少しづつ、どんどん繊細になり、洗練していくこと!
今もなお、改めてそう実感しています。
やっぱりチェロが好き。


最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

↑このページのトップヘ