カテゴリ:
レッスン時の一場面から思うこと。


「疲れた~」と言うことがありますか?
普通に使っているでしょうか。


これを連発する人がいる場面で、思うことがあります。
何がその言葉を言わせるのでしょうか?

わたしは疲れを感じなくなってきたので、この言葉がもうほとんどいらないと思うほどです。
それは「疲れた」という意味の内容が変わったのでしょう。


だいぶ以前書いたことがありましたが、3時間近いミュージカルの公演での演奏を終え、楽屋へ引き上げる足取りで氣が付いたのです。
むしろ心地よく整って、元気になっているように思えました。

弾いているときだけではなく、弾いていないときの過ごし方が関係していると思います。
わたしは可能ならピアノ椅子で演奏しますが、背もたれのない箱型椅子が好きで、座面のクッションがしっかりしていて、ギシギシしないからです。

楽器を弾かない時、楽器を身体から離すことも多いですが、すぐに弾けそうな身体でいた方が、ずっと楽なのですよ。
弾かない態勢にしたら楽だとしたら、弾いている態勢に無理があるということもあるかもしれません。
弾きながら休める、弾いていないときに動ける、この両方を丁度よく行ったり来たりしたいです。


楽器を構えるということでは、自分が楽に動き出せそうに座っている、そこへ楽器を持っていきたいです。
ああそうか、と思えるとだんだん工夫ができます。
「疲れるやり方をしていたな」とわかってくるのです。


アレクサンダー・テクニークを学ぶ中で、気が付くことが増えていきますが、それは、今自分が何をしているのか?についてです。
始めのうちは「なんのこっちゃ?」「どういうこと?」でゆっさゆっさ揺さぶられる感じです(笑)

先生はとてもていねいに、その時の自分と向き合うように寄り添っているのですが、そうすることで「こうである」と思っている「正しさ」「限定」を「今やりたいことについて」「大切さ」の方へ向かわせてくれます。
こう書いても微妙すぎてわかりにくいですね。


例えば、車のアイドリングストップというのをどう思いますか?
エネルギーと環境への影響という問題なのか、効率・経済という側面なのかなどいろいろ論点はあるところでしょう。
信号停止でエンジンが止まり、発進時にエンジンをかけなおすひと手間において、発進を意識的にするという安全性は高いと思います。
動き出すために、発信する瞬間に備えているのはもちろんですし、車の機能も敏速で少ない時間で再起動します。


さて、楽器にまつわる「構え」とか「姿勢」というところにそれぞれの考えがあるわけです。
楽器をもって、あるいは脇において「弾かないでいる」ときに何をしているか、何に備えているのか、これも演奏にまつわるシーンといえるでしょう。
楽譜にメモを取ったり、お話したり、静かに聴いていたり。

そこで、「疲れた~」という言葉を聞くときに、「あらあら、たいへん」と思ってしまいます。
ご本人は休みたいと思うような大変なことをしていたと、言っているわけです。
それがどんな様子の時かというと、だいたい椅子に崩れ落ちたようになっています。

そこからまた起き上がって、やる気になるのは大変だろうなと、こちらも思います。
気持ちだけでなく身体も、立て直すのは結構エネルギーがいるんですよね。
アドバイスとしては、その都度、今どんな風になっているかに氣づいてくことです。
今そこからどんな風にしていけるか、思い出し、考えてみるのです。



ある小学生の生徒さんとレッスン後に、振り返りノートを書く時間を持っています。
鉛筆をもって、今日何に取り組んだか思い出してもらいます。

以前からノートに崩れ落ちるようになっていたので、背中にそっと手を当てると、
「あ、姿勢よくしなくちゃ」と思うみたいで起き上がってきますが、
「そうね、思い出してね」「その方が様子がいいわね」なんてたびたび言ってみます。
先日、触れなくても思い出してやってくれてました。

ほっとするひと時にも、自分の在り方を思い出すことができたら。
その様子は、見ていて美しいなあと思わせてくれる瞬間なのでした、

帰り道、足取りが軽やかだったら、ちょっと嬉しい。



最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。


カテゴリ:

力を使っているとき、やっていることを言葉で表現してみます。
動きにくく、固さがあると思ったら、
動く指示の言葉についてもちょっと考えてみるとどうでしょう。

動き続けていたら、留まってみることもできる。
少しあるいは長く。
速くをゆっくりにできる。
握っている手を、緩めてみることができる。
握っている、持っている、動きの様子の変化する瞬間を観察してみる。

頼りないかもしれないけれど、ふっと動きが変えられたその時、
新しい情報がやって来ます。

やっていることをやめられる、これは難しく感じられることがあります。
動きに意識を向けてみる時に、ちょっと反対方向への動きを思うことも試してみて、
留まっても大丈夫、緩めても大丈夫、そう思えたら、
文字どうり手放してみる、その氣づきは新しい動きを生み出します。

実際、うまくいったり心地よく出来たとき、
あ、これでいいんだ・・・
という感じなのです。
やっている感じがしない、ということもあります。



筋紡錘という感覚センサーは、緩むときに情報を得ることができ、
緩んだ感覚情報から、バランスを支える拮抗するバランスが生じます。
例えば、うとうと眠り、ガクッとなってハッとするときの、感じです。
危険がないように立て直しますね。


また、顔の表情が緩んだら、どんな情報が来るでしょう。
ほっとした・うれしい、そんな時、瞬時に顔の筋肉も動きます。
表情のない・固い時は、何か警戒していたり、考え込んでいるかもしれません。
相手の表情を見る時にも、その情報を得て何らかの反応をしています。
社会的な関係性の中において、安全を確保するために働くシステムです。


身体の動作は骨を動かしています。
骨を動かすときに、筋肉は主に縮める働きをします。
拮抗する動きの、反対の作用に伸ばされることで元に戻ります。

関節のたたまれたり、回されたりの可動性は関節の形状に関わっています。
関節での動きの組み合わせが複雑な繊細な動きを作っています。
関節を動かすのは筋肉ですが、筋肉を含む身体の有機的な組織は様々な層を作って関わりあっています。

筋肉の繊維は小さな束があり繊維質に包まれて、それをさらにまとめた束になって、それぞれの部位の働きごとに名前が付けられていています。
筋肉繊維、筋肉をまとめる組織、脂肪層、皮膚は深層の真皮から表皮と多層構造になっていて、その中に神経の組織も存在します。

筋膜他、繊維質の層は私たちの体を様々につないでいます。
そう考えると、骨格を支える組織、動かす組織、神経の組織、それらを包んでまとめている様々な層が、一緒に働いているとわかります。


このことから、いつでも自分全体で、動きはつながっているといえるのではないでしょうか。
どこか引きつった時には、これらが何かしらの作用で関わりあって引っ張られているのですね。

肉離れというのを経験したことがあるでしょうか。
わたしはストレッチで内ももを痛めたとき、すごく痛かったです。
当初は筋肉痛と勘違いしていましたが、回復に時間がかかり半年以上痛かったので、小さな部分の肉離れだったのかと、あとでわかりました。
筋肉の繊維の小さな束がプチンと切れている状態です。
わたしは、その時、10代の女の子と組んでストレッチしていました。
お互いの感覚や柔軟性が違うのだから、決して自分と同じと思ってはいけないとわかりました。
なので、急な勢いをつけたり、ギューッとやってはいけません。


最近テレビでも取り上げられるという「ファシアfasia」、興味深い~。
これを少し学んでみると、動きやすさへの理解が変わってきました。
自分の全体がつながりがわかりやすくなります。

自分全体の包んでいる様々なものをゆったりとする。
ゆったりしつつ、自分全体の周りの空間に広やかに包まれている。

グーンと力を使えたら、ふっと緩める。
そこからゆるゆる伸びる。
縮めなかったらヒューンと伸びる。
伸び伸びするとき、これらのつながりに働きかけているということです。

伸びていくようにするには、方向性を思って動くことを考えます。
筋肉は縮むことで骨と関節を動かしています。その反対の作用する側を伸ばします。
縮むのに、なんで伸びるの?という疑問で混乱しますね。
伸ばされたものを維持し支える働きも柔軟性といえるでしょうか。
身体の柔らかい人はこの可動性が大きいのです。
この拮抗する働きがあり、やりたいことについての必要な動きを意図していくこと、
その動きが起きるように、必要ない収縮をやめられるのかに関わります。


伸びて長くなる(方向性の意図がある)動きから、
それをふっと止めることができる、双方向の張り(支え)のつながりで、
ここからまた次へと(切り替わる瞬間があって)動いていける。

アレクサンダーテクニークは自分全体への気付きから必要な動きを意識していきますが、
ファシアや、神経系の働きも少しずつ学んでみると、
「自分全体」というときのつながりは実際の感覚として広がり、
動きへの信頼が増していくように思います。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。


*****
興味深いです
『包まれつつ包む』
福岡伸一著
動的平衡
「西田哲学を読む」

このページのトップヘ

見出し画像
×