140508_1629~001今日は風が強いです。
窓の外ではすっかり緑の濃くなってきた欅の枝が、
しなやかにゆっさゆっさ揺れています

     ****************


ヴィヴィアン先生のレッスンでの学びについて引き続き。


「余分に息を吸う動き
あらかじめ息を吸うということを1つ止めるだけで 
その後の事が整ってくる
そのことに気づくこと

演奏する時のさまざまな動きは 
不自由さの表れでもある

準備することの多くは有害で 
(なぜかというと)そこには疑念があるから

演奏していないときに余分な準備をしない 

演奏する時は すぐ弾くことがとても大切」


音を出す、弾くそのときに、
弓をさっと持っていけるように。

演奏する時の意識は、
まず頭と自分全体のあり方。

そして、出したい音、
指使い、音楽の流れにのる。

弦に弓が触れるときは、
スッと落とすようにやってみます。

以前気にしていた音の立ち上がりは、
問題なく気持良く弾きだせます!


       *************


 今、ミュージカルのお仕事*でご一緒している、
素敵な大ベテランマルチリードプレーヤーSさん。

ピッコロ・フルート・クラリネット・ソプラノサックス・アルトサックスを全部使って、
さまざまな場面でめまぐるしく使い分けての演奏です。

サックスのバリバリのアドリブから、クラリネットのデリケートな弱奏にすぐ変わったりと、
曲調もどんどん変化します。
すごい技術を駆使されるのです。

実際本当においそがしいので、何か考えていらっしゃることはありますか?
とお尋ねしてみましたら、
「力をぬくことかな。
儀式のような、ちょっとした指を緩めること、
親指とかね・・・あるけれど、だいたい何にもしないでそのまますぐ吹くのが、結局上手くいくね。」
と、まさにそのことをおっしゃいました。

わぁ、やはりそうですか~!納得。

 *(2015『Annie』青山劇場にて)



最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。
どうぞコメント・メッセージをお寄せ下さいませ。
ご感想、ご興味のあることなどお書き頂けましたら嬉しいです。
お待ちしております。