スモモが咲き始めました。
こぶしも満開、まっ青な空の一日。


***


初めてのトミー・トンプソン先生のワークショップ。
先生のレッスンは、愛の溢れる時間。


先生が言われた事の一つは「楽器との関係を作る」ということでした。



楽器と自分の在り方


楽器 花を手にする時に 
人や動物に働きかけるのと同じように

自分の本質を生きて 
こうあるべきというアイデンティティを心配しない 
とてもシンプルに感じ 生まれ死んでいく 
とても本質に近いもの 
すべて生命体としての可能性を秘めているものとして触れたら

楽器を手にした時に 内在しているものがある

その楽器がこれまで触れてきたであろうもの・・・
温度 気圧 その楽器を使った人

そしてただ認める 
その楽器が何が得意なのか 

構造を思う 
音が出る仕組み 

可能性を見つける
馬を見て その可能性を見るように 

楽器にもそのように触れたら


自分の頭のてっぺんから全体の中にある筋肉の様子  
動きの中にある波 

振動の周波数 
楽器の周波数と自分の周波数

愛情を持って 
音を奏でてくれることに感謝を持って 

人に触れるようにして感じ取る 
その周波数に触れる 

それを通わせることは
演奏に影響をもたらす



私と共にいてくれる楽器と、
毎回どのようにあらためて出会い、
触れるのか。。。

大切にしていきたい。



最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。
どうぞコメント・メッセージをお寄せ下さいませ。
ご感想、ご興味のあることなどお書き頂けましたら嬉しいです。
お待ちしております。