チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

演奏するときの、思いを拾い上げる。


レッスンで弾いてくださって、
おーたくさん練習されたんだな、と分かります。


違った!と思ったとき、
これじゃない!とまた弾き直したくなる気持ちは良くわかります。

違うと思ったところから取りなおし、すぐさま弾きなしてしまうとき、
今やったことを、そこでなかったことにしていませんか?



出した音だけ直そうとするのは、結果にとらわれてしまっています。
結局、余計な緊張や動きを足してしまっていないかな。


***


氣になることは、興味のあること。


どうなってるかな?(情報収集)
どうしたいかな?(のぞみ)

その響きは出したいイメージの音と比べてどうだったか、
受け取ってから、その音と前の音からの関係性として考えます。(分析)




音程や、指使いについて、実際の必要な動きのために、
出したい音程を良~くイメージして、
指の行き先をはっきりすること。(プラン)

音を出して良く鳴らすこと。
出した音を良く聞いてみること。(実験・情報収集)

高かった
低かった

ちょっと響かない
もう少し鳴らせそう

これがいい


何度もやり直してしまうとき、だんだん分からなくなってきませんか?
前の音からそこへ行ける練習には効果的でしょうか?

その基準について考えます。

開放弦の響き
前の音
どんな和音かな
調のスケール


1回1回を大切に。
指を離す動きに氣がついて、指を離す時まで良く聞いて、
出したい音を思い、指先の動きに氣がつきながら、
弦に触れて、押して、置いてから弾いてみる。

意識は、コマ送りの写真みたいですね。
そのなかに、必要なことが順番に含まれているはずです。

何かを飛ばしていたり、少し修正が必要かしら?
身体にはどんな動きがあったかな。
どんな力が入っていたかしら。
どんな変化をしたいかな。 
そう思って見直します。


興味があるからこそ♪
そこで大切なことは何?
そのために何をしている?
どうやって考える?

自分全体の働きの中で、
自分自身の好奇心に向かってみたいですね。(信頼)


やってみることを恐れずに。
チャレンジしたことを、
がっかりしたり、申し訳ないなんて思わなくていいよね\(^o^)/♫


***

Fbで見た記事から、興味深かったこと。

フランスの小学校教育では、万年筆を使うそうです。

そうすると、消しごむで間違いを消してしまわず、線を引いて訂正するので、
どんな経過をたどったかを振り返れるのです。
なるほどですね。
きっとおのずと丁寧に書くでしょう。 

思考の経過を振り返ることが、結果そのものより大切な学びです。
何よりプロセスを大切に、作業を丁寧に行うところが 素敵ですね。

芸術の国・フランスの小学生が授業で万年筆を使う理由とは?
https://www.sinkan.jp/news/7913?page=1



フランスは農業国、自給自足率の高い国ですね。
教育のこんな側面からも、国民性や生きるために大切にしていることが、
うかがわれると思います。


最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。


上手くできない、という思いは、
裏返したら、もっと自由にできるようになりたい!
ということでもあるかしら♡


合奏の指導で、合っていないことを指摘されたときに。

音程、リズムなど複数の人が合わせることは、
いろいろな技術的な要素が関わっていますけれど、 
今日は、個別の技術的な話ではなく、
合わせるときに大切なことを、少し考えてみましょう。


正しい音程、正しいリズム・・・
正しく完璧にやろうとすることに照準を合わせたら、
固くなってしまった経験はありませんでしたか?

合わせなければ、間違わないように・・・
他の人にぴったり正しく合わせようとすることを一番に考えているとき、
とっても緊張したり、窮屈になりませんか?


さて、音を合わせるとき、
一緒に弾くときに大切なのことの1つは、
私はこうやりたい!という思いではないかしら。

そして、そこにある、その音を奏でる人たち、一人ひとりの思いに氣付いている。
その、他の人のこうやりたいという思いも、受け取っていくことかしら。 

たくさんの人たちが、それぞれの思いで奏で、
互いに思いを贈りあっています。


その時一緒にそこにいて、自分全体で何をしたいのか表現する、
他の人の全体で何をしたいのかを受け取っている。


一人の同じ演奏を電氣的機械的にコピーしてどんなに重ねてもても、
豊かな響きにはならないのだそうです。
わざわざ少しづつずらして音を操作して、いくつも重ねるのだそうです。

少しずつ違う揺らぎが重ね合っていくことでも、音は深みがでるのですね。


瞬間瞬間に起きることは、それぞれの大切な思いを重ねあっていて、
それが豊かで素敵だからこそ、生まれてくる演奏に感動するのでしょうね。


その時、奏でたい音楽のために、
指揮者のこんな風にやろう!というお誘いを受け取ることができる。
私はこんな風に弾いてみるよ!というお誘いをすることができる。
共演者のこんな風に弾くよ!というお誘いを受け取ることができる。
その空間で、聴衆を、奏でる音楽の瞬間瞬間にお誘いすることができる。


上手くできなかった・・・という思いは、
また大切な思いに戻ってくることで、
もっとこうしたい、さあ、またやってみよう!
という気持ちに変わるのではないかしら。



最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

真夏の日差し、眩しいですね!
私の日常の生活の中でのことも、書いてみようと思います。 

太陽の日差しをいっぱいに受けて、果物の甘~くなってくる季節ですね。


桃をたくさんいただきました。
こんなに美味しくて、幸せな果物はないかも♡と思うほど嬉しい。


今日は、「美味しく味わいたい!」という望みについて、
大切なプロセスを書きます~アレクサンダーではありません(笑)



食べごろの個体の見極めはなかなか微妙ですよね。
ほぼ完熟で出荷されますし、扱いもデリケートです。
見た目は白くても完熟とあれば、どんどん食べるべし!

少し固めは、香りがさわやかで切りやすい。
柔らかいと、甘さが広がって、ジューシー。

保存は
・風通しの良いところにおく
・ラップに包んで冷蔵庫に入れる
と、添え書きにありました。


柔らかくなると皮を剥きにくいですよね。
そこで、湯むきがお勧めです。
トマトの湯むきと同じ要領です。


・お湯を小鍋に沸かし、氷水を用意します。

・お玉に乗せてそっと湯どうしします。
20秒くらいで十分。ポチャンと入れるとお湯がはねて危ないので、そっと入れます。

・氷水で熱を冷します。
キンキンに冷やすと甘さを感じにくくなるので、ひんやりするくらいで良いと思います。

・皮をつまむと、つるんとむけます。
柔らかいと切り分けるとき汁がこぼれて来るので、そっともって、お皿を下において、汁を受け取ります。
 最後は種の周りの美味しいところも、お皿の果汁もいただきます。むく人の役得ですね\(^o^)/



たくさんあって食べきれないとき、コンポートも作ります。

・砂糖と水と煮立ててお好みの甘さでシロップを作る。
イメージは桃の缶詰の甘さ。ほんのり甘いくらいがいいかも。

・湯むきして、切り分ける。
すぐ茶色く変色してしまうので、切り分けたものからすぐシロップに入れる。

・剥いた皮のピンク色の濃いところも一緒に煮ると、きれいな色も出ます。

・さっと煮て火が通ればいいと思います。
仕上げに少しレモン汁を入れても。なくても。

・冷まして冷蔵、お早めに。
もしくは冷凍。冷凍庫に幸せを保存できる!

シロップも香りを楽しめて素敵な美味しさです。
シャーベットも最高におすすめ。
とても喜ばれるデザートの1つです♪


こんな記事もこれから書いてみますね。



最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

↑このページのトップヘ