チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

オーケストラのパート譜の練習をしていて、
込み入った音符を弾くときに考えたことについて、書いてみますね。



まずゆっくり読んで、弾きます。

音形のまとまりやリズム、そして小さなフレーズから大きなフレーズへ、
区切りながら、前後のつながりの意味を理解するように進みますね。
ゆっくりやることで、今やっていることを観察します。

動きが詰まる時は、はっきり口に出して言ってみます。
だいたい読むことが追い付いていないです(^_^;)
ここはじっくり必要なだけの時間をかけましょう。

ぼんやりしたり抜ける音は、音程をはっきりと思います。
その音と前後の関係性を思います。



読めても、指が動きにくいような時は、
ここでも、すぐ何度も繰り返さずに、少しづつ間をとります。

休めることと、次はこうやってみようという、
意図を持つことを意識します。

少しづつ指の力加減を変えてやってみます。
それに対して、発音を調整します。
指と弓の動きのタイミングを計ります。

右手が発音を助けることでも、左手は楽になってきます。



***


この、読むことと、動くことについて、
少し速していくときにも。

首が楽で、頭が動けるように、
そしてそうすることで自分全体が付いてきて、
と思いながら読みます。

そうすると、注意力の働きが変わるかどうか、試してみます。
なかなかこれが、大きなポイントなんです♪



速く、ちゃんと、なんとか先に進もうと頑張っているほど、
力んでしまって、動きにくくなっているのではないかしら。

近づいて覗きこみたくなる時も、目や首に力が入ってきます。


頭が前に出ていると、支える身体はとても疲労しますから、
首を楽にします。
頭は脊椎の上にふんわりとのせておきます。
呼吸もゆったりできるでしょうか。

いざやろうとするその瞬間に、
それらに氣付いていると、弾き心地は違うのではないでしょうか。



今やろうとしていることへの意図や意識の持ち方は、
身体の使い方に関わっています。

やりたい演奏をするときの自分全体に必要なことを、
だんだんすっきりと整理させていきたいですね。



***



実際には弦楽器はパート譜は2人で見ますし、離れた所から認識するには、
少しゆったりと構えている方がいいのです。

指揮者やトップ奏者やコンサートマスターも視野に入っていること、
周りの様子が見えていることも大切ですね。


足の裏が床に触れて支えていること、
股関節から脚と胴体に動きつながること、
左右の腕互いに、そして胴体ともつながりがあること。

お尻から背中、そして首と後頭部から頭のてっぺん(ついでにおでこまで)の、
全体のつながりが上に向かっていること、
なども思いながら座ってみるのが、今私のお気に入りです♡


これらについて考えてみて、ちょっとでも弾きやすさが感じられたら、
意識を持つやり方によって、変化があることを、
その都度思い返しながらやってみて!

初見で目が疲れる、肩がこるという時にも、思い出して試してくださいね♫



***



これは苦手だな、
読んだだけでは、良くわからないなーということについて、
練習のやり方や、身体の使い方を一緒に考えてみませんか(^^♪

メッセージからどうぞ。
ご連絡お待ちしています。



最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

 

「~を見ないで」そう言われたとき。


「手を見ないで」
「楽譜を見ないで」
「弓を見ないで」

そのとき、
もし
「見ちゃいけない」
と思っていたら。


私は、生徒さんとのやり取りの中で、
弓と弦の接触を観察して欲しいと思っていた場面で、
「見てね」
と言って、氣がついたことがありました。

なんだかすぐに目を離してしまうので、どうしてかなと思ったら、かつて
「見ちゃいけない」
と言われた(と思った)ことがあったのだとか・・・。


「見ないでやる」
のは、なんでかな?!

実のところ、その時に、
「見ようとすることが、何か必要なことを妨げてしまっていないかな」
「見ないことで、もっと自由にしたいことがある」
「できることを信頼してやってみよう」

そういういうことではないかしら。


***


「見ないように」
ということで、
動きを制限して固さが出て、ちょっと緊張したり、
あいまいな動きになってしまったら・・・。

そんなときは、
何にどんな意識を向けているのかが大切なので、
「見ないで」
のかわりに、言い変えてみるとどうでしょう。

「何が見えているの?」
「何について考えているの?」
「必要なことは何かな?」

「見ないで、同じようにちゃんとやる」
ということでなく、
情報を受け取りながら、
必要なことに意識を向けて動く。


***


実際、目の様子でも、ずいぶんと入ってくる情報は違います。
身体の様子にも注意を向けてみます。

「しっかり見よう!」
と見たい部分に焦点を合わせると思うと、
目の動きは制限され、意識される範囲は狭くなっています。
無意識に、そこに近づいていこうとしているかも。
息も止めて、覗きこんで少しかがんで小さくなっていないかしら。

スマホを使う時はどうですか?周りの人を観察してみてね。
スマホの階段のながら歩きは危険です!私、これで1度転びました(泣)


また、「どうかな?」
と感じようとするとき、
目の動きは止まって、ぼんやりうつろになってないかな。
私は、だいたい視線が上の方にむいて、頭が少し後ろに傾き、首の後ろが縮んでしまう。


「見ないで」も「見て」というときも、
頭のことを思い出しつつ、全体自分全体でバランスしながら、
周りに自分を含めながら「何が見えているかな~?」と思ってみる。

周りとの距離や、空間の広がりの中での関係性にも、
意識が広がって行くことで、
身体は次の行動へ備えやすくなるんですね。



このように、言葉をどう受け止め、どう反応するかでも、
その時の様子や、居心地はずいぶん違うものですね。


「何が見えているのだろうか?」
と問うことは、
「こうであるべき」
という考えから、
ちょっと離れてみることでもあるかもしれません。


カテゴリ別アーカイブ

 最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。


KIMG0753ジャクリーヌさんは、以前の記事のあと、こんなにきれいに咲きました。


さてさて、ブログは書き始めて、もう4年目になっていました。
何を書いたらいいかな・・・

さっぱり手が進まないこの数か月なのでしたけれど、
ブログを通じて、レッスンのお問い合わせをいただきました。


先日、新たに2人の方と個人レッスンが始まりました。 


持つ、座るなどの準備、
そして音を出すことを、試していきました。

楽器との関係性をいろいろと更新するので、
いままでとは違う意図ももってみます。

頭と脊椎の関係、身体の仕組みのお話をして、
ちょっと興味を持ってみたら、どうなるでしょう?

音を奏でるために、頭が動けて、
そうすることで自分全体が付いてきて・・・
頭と脊椎の関係を思ってみること、
そしてそこからやっていくことを、明確にしていきます。

自分全体を思い出していくことで、
身体の使い方が変わっていくので、
だいたい、まずエンドピンの長さが変わります。


さん:さん:
良く鳴らせないと思っていたC線が楽に弾ける。
自分が骨・骨してきました(笑:骨を動かしてるんですね~)
弓先がいつも何となく怖かったのが、怖くなく弾けた。

などなど、やりたいことのために自分全体で使い方を考えていくことが、
身体や楽器の機能に影響しています。

力を入れる、抜くという何となく漠然として良く分からない考えよりも、
変化はすぐに感じられると思います。


試していくなかで、
ご自身でこれまでいろいろ悩んでいたり、
出したい音に向かって考えていたことが少し整理されて、
表情がぱっと晴れやかになる瞬間も、たびたびありました。

身体の使い方について、
実際のその時々の座り方や動き方について、
私自身も、今でも、
さまざまに体験し続けています。



ちゃんとやりたいという気持ちを、ほんの少しお休みさせて、
ちょっとドキドキししつつ、違うことも起きることをやってみると思えたら?

そうやって起きることに興味が持てたら、
どうなるでしょうか?

それは、違うやり方も試してみる、
いつも実験するという場に自分を置くということなのだなぁ!


そんな体験をブログに書きたいなと思っていることを、
あらためて思い出しました。



新たなチャレンジをしてくださった方達との素敵な出会いを、
こころからお祝いしたいなと思います♪


カテゴリ別アーカイブ

最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。




↑このページのトップヘ