チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

何かを学び、体験していくほどに、
その意味は、また少し深まって・・・
そして、時に目が醒めるような思いがします。


どうやったらいいのかな。
自分全体を動かしていくためのどんな意図があるのか、
何が、どのように、どこへ向かうか、
段階を踏んで少しづつ練習しながら、
小さな体験を重ね、理解しようとしております♡



演奏では、音楽を表現するために、
楽器を扱う自分全体のことを考え、
音を生み出すための、弓や指先の動きを思います。

私の最近お氣に入りは、
指先の向かう方向へ矢印を思って動く」でした。



先日のキャシー先生のレッスンで、
チェロの演奏について頂いたアドヴァイスをシェアしますね♡

弓の毛を、弦に向かわせる」でした。

うむ。
あたりまえみたいでしょ。


先生は、その時の私の表現しようとしている動きの中で見えたことから、
やりたいことのために、実際に必要なことが起きるような言葉がけによって、
やっている動きへの注意を促しています。



自分全体の働きの中で、
頭が動けるようにと思い、
そうすることで自分全体が付いてきて、
「弓の毛を、弦に向かわせる」と思い続け、動く。
その都度思ってやっていく。
というアイディアで。
そうすると、どうなるかな。


あら!
やりたい動きが、より意識的になりました。

その時々の表現、弓の動きの変化の中で、
弓のスピードや摩擦のために必要な接触の意図があります。

そのシンプルな言葉を思うことで、動きがはっきりしてきました。
表現したいことに向かっていきました。


さらに、
弓を動かしている腕の動きを実際に見ながら弾いてみる。
身体の前だけでなく、後ろ側へのつながりもあることを思い出す。
ということも指摘してくださいました。

(先生の観察では、音を豊かにするためには非効率な動きや力みが見えたのですね~)

必要なことは何かな?
今できることへの信頼、その先の可能性へと向かうための、
あたりまえのようなことを、新しく思い直していくことができた、レッスンでした。
また、まだ変われそうな気がしてきます。
わくわく。



***



実は、その時ちょっと閃いて、
クラスにいらしたピアニストさんに、急にピアノのパートをお願いしました。
快く引き受けてくださり、初見で一緒に弾いていただいたのでした♪

キャシー先生の優しい眼差しとアドバイスを受けて、
クラスメートの20人位のすぐ目の前でぐるりと取り囲まれて、演奏しました♫


いま、
この空間で、
一緒に演奏してくれる人と、
優しく見守ってくれる先生とクラスメートがいて、
自分全体が働くことで、
この音楽を奏でる。
弓の毛が弦に向かうこと、腕の動きのことを思ってみる。


初見でチャレンジしてくれるパートナーに感謝。
何が起きても楽しいと思えます。
表現したい気持ちは、お互いにムクムクと沸きあがってきていました。


弾き終わってみると、手が震えるようなドキドキがあって、
思いがけずなんだか興奮していたんです。

この興奮のエネルギー、緊張っていうのと実は元は同じものって、ナルホド!
このドキドキは大歓迎!!


その時何を考えられるかで、弾き心地はまるで違うのよね。
ほんとに(^^♪



最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。 

食いしん坊ブログ 

梅干し作りは、2年ぶりで2回目。

2年前は、きれいな青色の大きめの梅で作ったところ、
出来上がりの皮がとっても固かったです。

初めての梅干し→2015年08月05日


でもとてもおいしかったので、また作ることにしました!

今年は張り切ってたくさん作ろうと、2週間ほど間をあけ、2回仕込みました。



***



1回目、届いたのはきれいな小梅1キロ。KIMG0823
おにぎり用に良さそうなかわいい大きさ♪
とてもいい香りがします~!

以前の経験から、
今回は青味もありうっすら黄色くなってきたくらいで漬けました。

洗って、半日水に漬けてあく抜き。
水氣をよく吹き取って、アルコ-ルをまぶします。
小梅は、1つ1つ、ちっちゃなヘタを楊枝で取ります。

容器は味噌をつけるのにも使用するホーロー製、アルコールで消毒。

1キロの梅で、塩は梅の重量の8パーセントくらいにしました。 
梅に塩をまんべんなく振りかけながら、入れていき、
最後に上から残りの塩を全部ふりいれます。

梅の上にお皿をのせ、梅と同重量の1キロで重しをします。
味噌作りの応用で、1キロの塩をチャック付きの袋で密封したものを使いました。

ふたをして、2週間ほどすると、塩が回って水分が出て白梅酢が上がってきます。
様子をみて、ゆすって上下を返しました。

水が十分上がってくれば、まずは下漬け成功。


梅を買った時に添えられていたレシピには、
もうそれで食べられるとあったけれど、
やっぱりピンクの梅干しが食べたい。

前回は生のシソの葉を枝からむしって、
12017梅干し 20232024_1912035599012157_3708600399280174089_o
洗って、塩でもんで、何度かあく抜きして、
という手間もかけてみた。

今回は新鮮な生紫蘇の葉が手に入らなかったので、
市販の梅干し用の処理済みパックを使用。

ひたひたに梅酢が上がってきていますので、
その上に紫蘇を投入して、
またふたをして漬けこんで、1月くらい置きました。


梅雨が明け、ろそろどうかな?と覗いてみると、
きれいな赤い色に染まっています。

できた水分は赤梅酢です。
赤梅酢も瓶に入れて日光消毒します。
今回は第2段に再利用・・・はたして、どうかな。

ざるに上げて広げます。
ふっくら、つややかです。


お天気を見て、3日干すのですけれど、2017梅干し2 20374376_1912984072250643_7255915607576609312_n
梅雨の間の方が日差しが強かった~!

梅雨明けしてからのお天気はいまひとつですね。

なんとか初日は良くお日様にあてることができ、
2日目は残念ながら扇風機にあてつつ部屋干し(笑)
3日目はまた日光で消毒して、表面も乾いてきてよさそうです。


塩味も柔らかさもばっちり。
香りがいい。きれいな色。

なんだかもう、とっても愛おしい♡
 
瓶に保存。
さっそくお弁当のご飯に、1つのせました。

大満足です。
これから大事に食べまーす。

今年の2回目の梅の方はもう少し漬けておきます。
 


最後までお読みいただきどうもありがとうございました。
 

演奏するときの、思いを拾い上げる。


レッスンで弾いてくださって、
おーたくさん練習されたんだな、と分かります。


違った!と思ったとき、
これじゃない!とまた弾き直したくなる気持ちは良くわかります。

違うと思ったところから取りなおし、すぐさま弾きなしてしまうとき、
今やったことを、そこでなかったことにしていませんか?



出した音だけ直そうとするのは、結果にとらわれてしまっています。
結局、余計な緊張や動きを足してしまっていないかな。


***


氣になることは、興味のあること。


どうなってるかな?(情報収集)
どうしたいかな?(のぞみ)

その響きは出したいイメージの音と比べてどうだったか、
受け取ってから、その音と前の音からの関係性として考えます。(分析)




音程や、指使いについて、実際の必要な動きのために、
出したい音程を良~くイメージして、
指の行き先をはっきりすること。(プラン)

音を出して良く鳴らすこと。
出した音を良く聞いてみること。(実験・情報収集)

高かった
低かった

ちょっと響かない
もう少し鳴らせそう

これがいい


何度もやり直してしまうとき、だんだん分からなくなってきませんか?
前の音からそこへ行ける練習には効果的でしょうか?

その基準について考えます。

開放弦の響き
前の音
どんな和音かな
調のスケール


1回1回を大切に。
指を離す動きに氣がついて、
指を離す時まで良く聞いて、
出したい音を思い、指先の動きに氣がつきながら、
弦に触れて、押して、置いてから弾いてみる。

意識は、コマ送りの写真みたいですね。
そのなかに、必要なことが順番に含まれているはずです。

何かを飛ばしていたり、少し修正が必要かしら?
身体にはどんな動きがあったかな。
どんな力が入っていたかしら。
どんな変化をしたいかな。 
そう思って見直します。


興味があるからこそ♪
そこで大切なことは何?
そのために何をしている?
どうやって考える?

自分全体の働きの中で、
自分自身の好奇心に向かってやっていきたいですね。


やってみることを恐れずに。
チャレンジしたことを、
がっかりしたり、申し訳ないなんて思わなくていいよね\(^o^)/♫


***

Fbで見た記事から、興味深かったこと。

フランスの小学校教育では、万年筆を使うそうです。

そうすると、消しごむで間違いを消してしまわず、線を引いて訂正するので、
どんな経過をたどったかを振り返れるのです。
なるほどですね。
きっとおのずと丁寧に書くでしょう。 

思考の経過を振り返ることが、結果そのものより大切な学びです。
何よりプロセスを大切に、作業を丁寧に行うところが 素敵ですね。

芸術の国・フランスの小学生が授業で万年筆を使う理由とは?
https://www.sinkan.jp/news/7913?page=1



フランスは農業国、自給自足率の高い国ですね。
教育のこんな側面からも、国民性や生きるために大切にしていることが、
うかがわれると思います。


最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

↑このページのトップヘ