音の立ち上がりを良くしたい、
どうもうまくいかないな~と思う時。


「ちゃんと、かすれないように」しよう。
「もっと強く」「もっと早く」しなくちゃ。
「ちゃんと」「もっと」この辺でグルグルしませんか?


「ちゃんと」「もっと!」のかわりに、
発音のために何をする?


必要なことを具体的に考えて行くと、
1つづつ、実際に出来ることが見えてきます。


動く前に、動きだすために考えます。

楽器をどう構えて、弓をどう持つ?
弓を持つ指には、どんな動きがある?

音を出すための、一連の動きにそれぞれのプランがあるのが、ポイント♪
あわてず、1つずつ関連付けていきましょう。

出したい音を思い、
①弓の弾きたい所が、弦の弾きたいところに向かい、
②弓の重さを、必要な角度でのせる。
③弓の方向を、意図して動く。

まず動きを考えます。
バランスはどうかな?
どれくらいの力でできるかな?と、やってみましょう。

ロングトーンで響かせて、好きなように止まることができ
そこからどちらにでもすぐに動き出せるような、
動きの自由さを思います♫

思うこと
が自分全体を動かしています。

考えるとき、そして動きのために、
その都度、あらためて、
首が楽で、頭が動けるようにと思う、
そうすることで自分全部が、1つずつ順番に全部一緒に付いてくる。

こころとからだの全体が働いていることを、
ぜひ思いだしてみて下さいね。

そうすることで、
やりたいことのために必要なことを考え、
氣付きながら動いて行くとき、
余分な緊張を解いていくことができて、
だんだんと動きは違ってくるのでした。





関連記事

弓を運ぶ

触れるとき

手と指の柔らかさのために 






  


***


現在レコードを聴く機会はほとんど無くなりましたけれど、
30年くらい前までは、レコードプレーヤーを使っていました。
また復刻されてきて来ているようですね。

レコード針を運び、
回っているレコード盤の溝にそっと載せます。
自動式のアームなのですが、
途中から聴きたいと思うときは手動です。


弓を弦に運び、音が出るとき、
このレコード針を置くときのようだなぁ、と思います。


小さなダイアモンドの針が溝の刻みによって振動します。
アームの反対側にはバランス重りがついています。

針のガイドを指に掛けて運び、溝にそっと載せないと、
針は反動で弾んでしまって、ガリガリと音をさせてしまうし、
外れて滑って行くと溝を傷つけ、再生音を損なってしまいます。

繊細で、ちょっとした儀式のようでもありました。
当時レコードで音楽を聴くために必要な作業でした。



最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。