重子さんと声楽の方のレッスンにて。

繊細な響かせ方を求める取り組みを見ていて思ったこと。


声楽は、身体そのものが楽器。

協調作用(頭が動けて、身体全部が一緒に、一つずつ順番についてくる)を用いながら、
身体の響をいつも丁寧に方向付けしています。

ある音をそっと響かせる中で、半音上下するときの、
音色や響くところの滑らかな変化を微細に行うことで、
倍音の変化をとらえます。

先生のご指導で、
倍音を含める響の変化を練習すると、
みるみる鳴り方が変わって、
さらに柔らかな奥行きが生まれました。

それはそれは素敵な変化でした。



メモより


響はいろいろある
全体が調和のある倍音
ある入口から入るとそこへ行ける感じがある
何かが鳴ると鳴りはじめる
音が変わる時の響の変化に対応する


楽器を演奏するということでも同じように、
1つ1つの音の変化に伴う倍音の変化があり、
それに伴う微細な操作があり、
どんな音もその変化の中で生まれてくるということ。

倍音を豊かにすること。
その音の共鳴する広がり、
振動の伝わり方の変化と音色の豊かさ。



演奏するときの自分の扱い方は、とても大切。

楽器を演奏するということは、
自分を演奏すること。
この事は、たびたび先生の言われることです。


音を出す。
そして楽器を豊かに鳴らしたい。
楽器が上手く弾けるようになるときは、
良く鳴ってくるとき。 

うまく鳴らないのは、
響のイメージがまだ少ないということなのかもしれません。



実験しました。

自分の身体が響くことを思ったらどうでしょうか。

先のレッスンを思い出して、
自分の協調作用をお願いしながら、
倍音を意識しながら声を出してみました。

*頭が動けて、身体全部が一緒に、一つずつ順番についてくる
息は骨盤底の支えがあり、
下から上に向かって上がってくる
音程は声帯が作る
頭には響くところがいろいろある
身体にはどう響いているかな?
どんな声が出るかな?
そう考えてやってみたら、
想像以上にだんだんと良く声が出てきて、
少しずつ響いてきました。


そしてまた実験。

チェロは、人の声と同じような音域をもっています。
今度は声を出しながら、声と同じ音を弾いてみました。
協調作用によって、自分も楽器ももっと響く、相乗効果あり!?
今までとは違う響きの質も、加わった気がします。

ソルフェージュするということ、
歌うことは大切な基本であることを、
知っていてやっていたつもりですが、
実際に声を出して歌いながら弾いてみたら、
あら?ちょっと違っていました。

音色や響の感覚?意識の違い?
その時の私は、歌の方が少しだけ明るい響でした。

自分が鳴る感覚は、
楽器が鳴る感覚に豊かさをもたらしてくれそうです。



1つの音の中に、
どれだけの響の意識をもって、
変化を与えられるでしょう?

倍音、共鳴
音程を半音・全音変えてみたら?

発音の瞬間の弓の接触のしかた、
身体とのつながり
楽器全体の響

指や胴体や足まで身体に伝わる響
床、空間への響

響の可能性を思ったら、ちょっとわくわくしてきました。



コンサートや、録音で素晴らしい演奏にふれたとき、
その豊かで繊細な響きを、
自分の中に取り込んでイメージしてみます。

「自分にはとっても無理」って思うことより、
「こんな響きがするんだ!」って知ることが素敵。

頭の中で、その響きを頭に中でイメージで鳴らして、
声を出して歌ってみたら。
「あぁ素敵!こんな風に弾きたい!」と思ってみたら。

同じようにできなくても、
わくわく、生き生きする効果があるのでは。



頭と脊椎の関係に動きやすさとバランスがあれば、
そこからもっと豊かな響をもたらしてくれます。

いい音がして嬉しくて、
思わず微笑んでしまう時は、
こんな在り方を自分を演奏しているというのかな!
と思える。


歌うように弾きたい、ということは、
まさしく演奏で歌うことで、
協調作用を用いながら、
楽器を弾く自分をまるごと演奏すること!



最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。

どうぞコメント・メッセージをお寄せ下さいませ。
ご感想、ご興味のあることなどお書き頂けましたら嬉しいです。
お待ちしております。