手の指は、
曲げ・伸ばし、握る・開く動きができて、
握る作用は、指先が手のひらに向かって集まり、
開く作用で離れていきます。


気になる指の動きを、眺めてみます。

たとえばチェロの指使いで、
小指に力が入らない、
人さし指が上手く届かない~という時に、
どのようにしているでしょう?


指先を伸ばしてから、押さえようとする・・・a
指先を曲げたまま、開こうとしている・・・b

このようなことがあったら。
曲げる作用と伸ばす作用、曲げる作用と開く作用について、 
反対のまたは違う動きを、あわてて同時にキュッとやっているかも。

曲げながら伸ばす働きを親指といっしょにすると、物をつまむように働きます。
親指とギュッとはさむようにして固定する働きがあります。


必要なことに役だっていれば、もちろん問題ありません♪

弦を押す指が、ぺこんと窪んでしまうようになって、
それで指先に力が伝わりにくい場合でしたら、
必要なだけの力で押しながら、
もう少し指先を曲げる作用があった方が良いでしょう。


弦の弾力をとらえるのが、コツ♪
必要な力加減を弾力によって見つけます。


そして、指先を曲げる働きをゆるめる(指を伸ばす)と、
外側に開いていくことができます。

親指とギュッとはさむようにしている・・・c
そうすると指先が閉じていきます。
親指は自由にして、動けるようにしましょう。


a、押す時には、指先をもう少し曲げるように
  (もう少し曲がっていいよ、と思います)
b、指先を少し伸ばしながら開く
  (伸びて開くことができるよ、と思います)
c、親指は自由に動けるように
  (向きや角度は変えられるよ、思います)

こんな考えがあると、
指の置く角度をもっと選びやすく、音を取りやすくなります。


あわてずに、指先の動きをゆっくり観察してみましょう。
まずはこのあたり意識してみましょう。


指を曲げ伸ばしする筋肉は、腕から来る外在筋
指の間を開く・閉じる筋肉は、手のひらの中の内在筋の働きです。

主に、曲げる筋は手から腕の内側から、伸ばす筋は腕の外側から来ていて、
手首の前で細い腱になって指まで行きます。

内在筋は細かな動きの調整役をしています。
親指、人さし指、小指のためにだけ働く筋もあります。

骨や関節は、靱帯といくつもの筋肉・腱など様々な作用によって結びついています。
いくつもの骨の関節に渡って働いているので、関わる作用が複雑なのですね。


手首の動き
も関係します。

手の甲側へ曲がると、指は自然に曲がりやすく(伸筋が緩む)、
反対に手首を手のひら側に曲げる時に、指は少し伸びて行きやすい(伸筋が引っ張る)、
このような腱や靱帯の影響もあります。

指が緩んで手首が甲側にほんの少しだけ曲がっているのが、
手に緊張のない、ニュートラルな(何にもしない)状態になります。
ここからだと、いろいろな形のものをつかんだり、形に添わせたりしやすくなるようです。
パソコンのマウスをもって動かす時も、ちょうどこんな様子ですね。

手首を曲げる筋も、腕から来ています。             
手首には、手と指を動かすたくさんの腱が通っているので、
回らない手首から回そうと思っていたり、
強く力が入っていたりすると、負担がかかります。


手の角度は肘からも腕全体からも作れます。

指は、手の中の骨からも動き、
腕の骨と動きがつながっていて、
腕の構造は肩甲骨と鎖骨もつながっています。

手が腕全体で働くイメージを持つことで、指がもっと楽に動くようになります。


やりたいことをやるために、
まず頭が動けるようにと思い、そうすることで身体全部がついてきて、
手は腕全体で身体と一緒に働くことを思って、
指先から動いてみたらいかがでしょう。


指先に、腕はついていきます。




                     **********************************



気になっていることを、一緒に考えてみませんか?
やりやすさや、考え方を探求しますしょう♪
演奏をもっと楽しくするヒント、お伝えします♪


心地よく 自分らしく音楽したいひと

のためのワークショップ  
Part II~ココロ編~

こんなに練習しているのに
もっと上手くなりたいのに
どうして思うように弾けないんだろう…?

そんなあなたの思いを
行動に変えることを応援するワークショップです。

どうぞこちらもどうぞご覧くださいませ♪
2/11 ワークショップ開催のお知らせ
お申し込み受付ています。
(終了しました)

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご感想やご興味のあることなどお知らせくださいね。
お待ちしています。