チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

アーカイブ:2014年08月

肘に関連して、椅子に座り譜面台に置いた弓へ手を伸ばす時、弓を手に取る腕から指の動き。 このところ意識して練習ていました。 弓を見て、自分の全体と手の様子に気づきながら、余計な動きをしないで、まっすぐ弓に行けるようにやってみました。 見て頂くと、 「何度も言うけど周りは見えてる?」 そっちか~弓と手にしか意識が行っていなかったです。 「距離のために股関節から前へ行けるよ。頭が動いて、股関節から動いたら? 手の届くところまで行く、これを準備として使ったらどう? そして股関節から戻ってくる」 手と股関節。 少し弾いたら、かかとが上がって居心地の悪い感じになりました。 「今何を考えてる?」 足に力が入っているなぁ。緊張を取りたいです・・・大腿の緊張に気づき、胴体を背中で少し前後・上下に動かしていました。 「股関節から動いて、股関節から戻ってきたら、それが足に伝わるよ」 かかとが浮いて演奏しているときが時々あるのです。 「そのとき頭のことは考えていた?」 忘れてます。 頭を思って、前に行って、股関節から戻ったら、ホントだ。 かかとが上がらないで床にピッタリ。

構えて弾き始めるところ。 そこが音を作るための、自分をどのように扱うかを練習するのにとてもいい、大切なポイントです。 やはりそこからお願いしました。 何を考えるか、口にしながらやってみました。 さらにたびたびやっている動きについて「今はなにを考えていたの?」と聞かれます。 動きを機能的にするために、どのように考えて動くかをご指導下さいます。 楽器が身体に来る瞬間、楽器へ向かって少し自分が縮んでしまう。 もう少し身体は伸びやかにいられそうだと思うのだけれど? 頭が動けて、自分全体を思い出しながら楽器が自分の所へ来る・・・ 「その時、楽器にしか意識がないからよ。 感覚に入り込まずに、周りを見てごらん?」 なるほど周りは含めていませんでした。 頭が動けて、身体全体を思い出しながら・・・周りを見ながら構えるとき、自分は縮んでいません。 「その時、楽器にしか意識がないからよ。 感覚に入り込まずに、周りを見てごらん?」 なるほど周りは含めていませんでした。 頭が動けて、身体全体を思い出しながら・・・周りを見ながら構えるとき、自分は縮んでいません。。。

響きあう

音を出すことは、時にはとても勇気のいることです。 1つ1つの音に向き合う気持ちは、とても繊細なものだと思います。 表現したい音がある。 奏でたい歌がある。 響きあう空間がある。 それを受け止めてくれる人がいる・・・

歌うこと、倍音のことから、楽器演奏について考えてみました。

頭が動けるように、という時の頭は<上へ前へ>という方向性なのですが、頭が上という時、視線が上に行くということでもないのです。。 少し頭が上に行ったら視線が上を見るような気がするけれど、後頭部が下がってしまうと、首の後ろが縮んでしまうのでした・・・・。

思い・贈りもの

今日の思い。空の青さを見上げ、風に吹かれながら思いました。雲が行き、時は流れて行く。ものごとに、始まりと終わりがあることを思う時がある。そしていのちについて思う時が訪れ、心が震えるときがあります。今この瞬間にも、どんなにたくさんの人々の思いがあふれている

↑このページのトップヘ