チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

2015年08月

音の出だしを気持ち良く始めるために。

音を出す前に始まっている動き
弓を運ぶことについて、考えてみます。

やりたいことは、シンプルです。
弓は遠回りせず最短距離を通ってみます。

今やろうとしていることを思います。


弾きだしたい音のために、
どこが(リーディングエッジ:動きの始まる先端)、
どこへ(到達点)いく、
と考えてみましょう。


さあ弾こうとする時、
「頭が動けるように、そうすることで身体全体がついてくる」ことを思いながら、
「手は弓の重さを扱いながら、弓の通り道についていく」
と思ってみます。


近づいて触れるとき、
出したい響きを思い、頭が動けるように、そうすることで身体全体がついてきて、
弓の重さを弦にのせる
そしてすぐ音を鳴らしてみましょう。


そのようにやってみたらどうでしよう?
シンプルに音が出ることが分かると、
余計な力が不要になってきます。


やりにくさは、余分な動きを含んでいることがあります。


音を出すために動き始める時、
弓を持っていくために必要な動きを見直すと、
その先の、音の出しやすさにつながります。


動き出す前、動き出す時、
どんなことを思っているか、
身体全体の様子がどうなっているかも、
観察してみてくださいね。


どんなことに気がつくでしょう?


例えば、
小さな音を出そうとして、自分自身が小さくなっていませんか?
大きな音を出そうとして、ぎゅっと身構えていませんか?   
動きはじめに首を短くしていませんか?

実際に必要なエネルギーを出すには?
十分に動きに備える、動きやすい身体でいたいですね。  


そこで、
「首がどれくらい楽かな?」と思ってみると、
より動きやすい身体に意識的に持っていくきっかけが作れます。 


頭の動きやすさは、身体全体に関わります。
そうそう、
「頭が動けるように~」ですよ!
思いだしてみましょう。


野球やゴルフのように、ボールの動きのために、
バットやクラブがボールに触れるまで、
どこを通るのかなど、
道具を扱う動きは大切ですね。

それは他の様々な活動でも同様に、
身体の機能が自然な本来の働きをした時、
道具は最も活かされるのですね。


手と腕の身体とのつながりで、重さに対応しながら、
道具と身体全体の動きをつなげていきましょう。


 ****************


道の字は、
文字のつくりに首が含まれるのが興味深いので、漢字の字源を調べて見ました。

会意形声。「」(足の動きを意味する)+音符」(古くは同系統の音とする)である方向を向いた道を表わす。
みち。(ドウ)地方行政区画のひとつ、専門化された高度な技芸。

運の字は、
」+音符「」、「軍」は戦車で丸く取り巻いた陣立ての意で、「辶」(足の運動)と合わせてぐるぐる回る運動を表す。
めぐらせる、運ぶ、物事を進める、めぐり合わせ、などとあります。

なるほど。面白いですね。

ウィクショナリー
 (Wiktionary) より
「道」で検索 https://ja.wiktionary.org/wiki/%E9%81%93
「運」で検索 https://ja.wiktionary.org/wiki/%E9%81%8B


関連過去記事です
    ミオ先生 楽さ
    弓と指先・肘
       触れるとき   

       「頭が動けるように」
        頭と腕、全体へ
    胴体の動きのつながり
  
        ヴィヴィアン・マッキー先生⑤すぐ弾く
    

最後までお読みいただきありがとうございました。
 

もっと早く、ちゃんと、正しく・・・

間違わないように、あわてないで、落ち着いて、とも思いますよね。


例えば、ついやり直したとき!
アッと思った、そこがポイント。

どうしてそこで弾き直したのかな?

そこが、もっと違うようにやりたかったのですよね。
実際何を考えていたでしょうか。


指が回るように、正確にと思ってくり返すより、こんなことを選ぶのも練習。

うまくいかない弾き直してしまう音の前で、
・響を保って、長く伸ばしてみる
・弾くのをそこで止め、次にいかないで手を休める
・十分に次のイメージができたら、ゆったりとそこにいってみる

ちょと待てることを練習しましょう。



ポイントは、今の仕事の終わりを意識する。

そうすることで、そこで必要なだけの力を使い、
次に移ろうとする時に余分な力が入るのを防ぎます。

動きの終わりは、次の動きの始まり。
終わりが意識的だと、次に動き始めることもつながりが良くなるのです。


動きのきっかけになるところを、見直してみましょう。


自分の頭と脊椎の関係を思いだして、
やりたいことをやるために、考えます。

ここ!という時、
もしかしたら、動きはじめに、首に力が入るのに、気が付きましたか?

または身体のどこかに、ぎゅっ!と力が入っていませんでしたか?
やろうとする時に入る余分な動作に気がつけるのも、とても役に立ちます。

息を吸いこもうとしていたり、または息をとめていませんでしたか?
自然な呼吸でやってみましょう。



「何を、どこから、どうやって、どこまで」と、
やりたいことの手順を、自分の言葉で表現してみましょう。

そうすることで、意図を明確にしていきます。


ちょっと細かいな~と思うかもしれませんね。
やろうと思ってやっているのは、あたりまえ!と思うでしょうか。

やろうとしていることを見直してみます。
あらためて、その時そこでやることを選んでみます。


動きには自由さが大切。
やることも、やらないことも、選択肢。


動き出す、スタートの直前にできることは?
ちょっと想像してみてくださいね。

スタートラインに立ったアスリート。
飛び込み台の上のスイマー。
競技スタートの合図を受け取るまでの、準備と動き出す瞬間があります。
競技の魅力的な見どころ、フライングで失格になることもある重要なところ。

もしガチガチだったら、スタートは遅れてしまうでしょう。
その時できることをする。

そして十分に備えながら、その瞬間に実行を決意するのです。


演奏だったら、どうでしょう?
もし、どうもうまくいかないな・・・と思うことがあったら。

その時、
頭が動けるように、そうすることで自分全体がついてくることを思い出して

やってみましょう。

ちょっと待てる。
ちょっと考える間を持てる。


そうすることで、どんな変化があるか試してみて下さい。


興味を持って、楽しんで♪



関連過去記事
カテゴリ:チェロ
   サラ先生


最後までお読みいただきありがとうございました。
 

えい!新しいことをやってみよう、と決めてみる。

そうすると、やってみる1つ1つを、ずいぶん面白がっていられるようになりました。

実際、その気持ちの切り替えが、早いか遅いかの違いだけなのかもしれませんね。

その時、そこにアレクサンダーテクニークの考えを用いて練習をしていくことが、
自分全体を動かす助けになっています。

1つの課題に取り組むための、自分への働きかけかた、
手順をどうするのか考え、実行してみたその体験によって、
得られたことがたくさんありました。
 
その1つには、ずっとやってきた演奏も、
またはまったく不慣れなダンスであっても、
同じように、私自身を一歩一歩進めてくれる方法を選べるのだという、
確信のようなことです。

どんな段階であっても、
そのプロセスが学びをもたらすのだなぁと、
振り返って実感しています。

新しいことをやろうとすること、
意識的に取り組むこと、注意力。
これが脳の新しい回路を増やしてくれるようです。


でも・・・ついね、思っちゃうのですよ。
できない、歳をとっている、
下手、格好悪い・・・などなど。

そんなことはちょっとあっちに置いといて(笑)

ちゃんとできないとだめとか、
正しくなきゃだめと思うよりも、
やりたいことをやってみようと思う。

こうやってみよう!と1つやってみることが、
面白いし、嬉しいし、楽しい!!

そして、やってみたことは宝ものだなぁと思います。


*************

生徒さんと、左手の指の運びを練習しました。

いつもと違う動き方を試していって、
新しいやり方は、ご本人にとって、
ふと腑に落ちる瞬間がありました。

その動きは、その音と共に、
その人全体が表す魅力となって惹きつけられ、
見ていた私もハッとさせられました。

こういうことがとっても嬉しいのですよね。
ステップをまた1段上がった感じ。

新しさに、身を置いてみる。
KIMG0515

ちょとした好奇心で♪


     ***************

写真は、初めて作ってみた梅干し、きれいに赤くなりました。


最後までお読みいいただきありがとうございました。
 

関連過去記事です 

できない感じ

↑このページのトップヘ