チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

アーカイブ:2016年09月

手首のつながり

手首を柔らかくしたい。と思う時。手首が柔らかいことで、どこにどんな動きを生み出したいのでしょう? 実際に起きていることは何でしょう。手首が動きにくくなっているときは、首をギュッとしていないかな。 その時の指や肘の動き、からだの様子はどうでしょう?どこかの

前記事、<手の動きを支える>に続いて。腕と、脊椎の間にあるものは、何でしょう????あらためて興味を持ってみることで、本当にやりたいことのために、また新たな変化への一歩があるかもしれません♡どんな構造があるかしら。絵に描いてみたら?なかなか、難しい!?→

手の動きを支える

レッスンで生徒さんと取り組んでみたことから、手の動きを支えるものについて、今回は、足までのつながりを考えてみますね。右の図で、骨格と関節の様子を見て、手から足までたどってみましょう。たくさんの骨と関節があります。(主なものしか記載されていません)実験楽器

↑このページのトップヘ