チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

アーカイブ:2016年12月

楽に座る 2

先日、サラ先生の授業からの学び。ちょうどその時の私の興味にピッタリでした。***骨盤を押し出し、反り腰になる動きをしていて、その時の仙骨の傾きは、前傾しがちだなぁと氣がついたのです。これはちょっと緊張して、固さのある状態でした。そこで、普段のやり方に比べ

弓はどんな弾力や、摩擦があるかしら。どこでどんなふうに働くかしら?***弾みと発音の実験。ピッチカートで、ポンと1つづつ弾いて(はじいて)、ブンと鳴る時の、振動が起きて弦が膨らむ様子を観察。弓をポンと弦に落として弾ませてみます。弓の引っ掛り具合を、弓と弦

↑このページのトップヘ