チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

アーカイブ:2017年03月

いつものようにやろうとすること

先日、合気道の昇級審査を受けました。広い本部道場で受験は2度目です。100人近い人たちがいる前で、初めて組む人とやりました。1つの技で、あわててしまいました。出来るつもりのことが、最初の動きだしの手を間違えたら、そのあと出てこなくなってしまいました。あれ?なん

響きあう 2

先日のクラスで。自分の声が、身体全体に響くことがわかった時に、部屋全体の響きにも気づくことができ、そこにいる人たちにもお互いに響いている、ということに、はっ!としたのでした。自分自身が響くのだという信頼は、響きの豊かさと、空間でのつながりを思うための、大

動かしているものは何?

手の触れかた、持ち方、力加減などが気になっていました。合気道で相手の腕をさばくとき。自分の動きに力んで固さがあったら、動かされる方にも即座に、その固さが伝わってしまうのだなぁ・・・。アクティビティで、先生からのアドヴァイス。「相手の骨を動かすことを考えて

↑このページのトップヘ