正しくやりたい。 早く、ちゃんとやりたい。 そんな思いに覆われがちです。 そしてそんな時は、 どこかの部分の上手くできなかったことの方が、 印象に残りやすいでしょうか。