今、どうやって座っているかしら?

「あ!こうやっているな~」と気付いていくことがきっかけになり、
「こうしてみよう」と、あらためて動きの意図を持ってやってみる。
それがちょっとした変化をもたらしてくれるのです~。


では、今日はどんな風に身体とお話をしましょうか♪
座骨を感じられて、身体の動きとつながりが良く分かるエクササイズがありました。
〈おしり歩き〉です。

床にお尻をついて、股関節から身体を起こすように、
脚を前に出し(長座)、交互に左右の脚をおしりを前に出していくように動かします。

座骨が床にこつんこつんと当たるのが感じられます。
お膝に手を置いて一緒に前に出すと、腰椎をひねる負担がかかりません。
少し膝が曲がってもいいと思います。
反対に後ろ歩きもやってみます。

おしりに付く筋が、たくさん動いて良い運動になります。
〈座骨歩き〉と言ってしまおうかしら!(笑)

検索してみますと、健康法として紹介されています。
ダイエット、ヒップアップ効果など、いろいろいいことありそうです。
ということは、お尻の筋をよ~く動かすということ♪

骨盤・座骨には、脚を動かす筋がいろいろ付いています。
脚を曲げ伸ばしして、脚を引き寄せたり離したり、
脚を回したり、膝を動かす筋も付いています。

股関節の動き
に働く筋は、
脚を動かさないときには骨盤から脊椎に関わって、
胴体を動かす働きをします♪


気持ち良く座るために、アイディアを1つ。

座っている時は、座骨で立っていると思うと、どうかしら。 

首がどのくらい楽かなと問いかけながら、
頭が動けるようにと思い、頭から脊椎と身体全体のつながりがあり、
胴体は座骨の上で動くことができると思ってみました。

私はそう思うと、股関節の動きがスムーズになりました。

座骨の上に軽やかに胴体があって、
脊椎が頭に向かって上向きに伸びやかにバランスする(=動くことができる)と思っていると、
すっとして気持ちいいのです。


 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご感想やご興味のあることなどお知らせくださいね。
お待ちしています。