先生のレッスンでは座り方、呼吸にも注意を向けて下さいました。

どんな呼吸をしているかしら?
息はどのように体に入ってくるのかしら?



菅楽器や声楽のクラスメートのレッスンでは、
その都度取り上げられ、大変興味深かったのです。

ヴィヴィアン先生は、
「演奏の最初に<吸いこもうとする>のをお止めなさい」
とおっしゃいます。

これはなかなかの驚きです!

「身体のための呼吸と違う呼吸で始めないで
身体の中に息を詰め込まないで

無駄な息を吸わないで始められたら 
自然な流れで入ってくるから
必要に応じて息は入ってくるのよ

自然な呼吸で、
肺に空気がもう充分にあると信頼して 
すぐ演奏してごらんなさい

まず一息で1フレーズ演奏し 
そこで<吸いこもうとする>のを止められたら
そうしたらそれから必要な息は 
ちゃんと<入ってくる>のよ

息が充分に出たり入ったりできるように 
胸郭あたりの柔軟さが必要ね

重いものを運ぶ時は 
そのために必要な息が入ってくるでしょう?

楽器を持つことでさえも 
必要な息は入ってくるの・・・」


さあ、演奏しようとする、その時です。
何をしているでしょう?

必要だと思ってやってきたこといろいろあります・・・

以前、呼吸について私なりに意識して考えてやっていたことは、
まず演奏を始めるために吸って・・・
(鼻で音がするほどでした)
吸うためにその前に吐いて、
それから吸って・・・
テンポに合うように・・・
フレーズ毎に呼吸をして・・・ 

実はこれらの事は<やっている感>はあるけれど、
呼吸としてあまり役に立っていなくて、
かえって演奏の邪魔になっていたようです。
 

呼吸について、考えてみたいこと。

・空気を入れようとすることで起きる動きが引き起こす身体の緊張をやめるために、吸いこもうとしなくていい。
・肺にある空気が、すでに充分にあると信頼する。
・必要な息は仕事の量に応じて入ってくる。

・肺は自分のどこに、どのくらいの大きさであるかを知っているといい。
・空気が取り込める胸郭の仕組みを知っているといい。
・吐いたり吸ったりは、閉じたり広がったりできる身体の柔軟性があるといい。
・頭は上方向へ、胴体は広く長く、全身が伸びやかに繋がりあってバランスしているといい。
・座り方も、立ち方も呼吸のしやすさを大切に。


そのようにすると、すっとスムーズに演奏に入り、
自然な音の流れや音楽の勢いが、
より充実して表現できるように感じました。



最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。
どうぞコメント・メッセージをお寄せ下さいませ。
ご感想、ご興味のあることなどお書き頂けましたら嬉しいです。
お待ちしております。