手首を柔らかくしたい。
と思う時。

手首が柔らかいことで、
どこにどんな動きを生み出したいのでしょう?
 
実際に起きていることは何でしょう。



手首が動きにくくなっているときは、
首をギュッとしていないかな。手関節_hand

 
その時の指や肘の動き、
からだの様子はどうでしょう?


どこかの動きの代わりに、
首や、手首で必要以上に力んでしまうことも、
起きていたかもしれません。

動きの意図などに混乱があって、
硬さや動きにくさを生じているかもしれません。


***


考察


肘 elbow手首とつながる動き、
手の指までのつながりを考えてみます。
 
とてもざっくりいうと、
指を曲げ伸ばしする様々な筋が腕からも来ていて、
手のひらの中の、たくさんの骨に関わっています。

手のひらの小さな手根骨があることで、
手首も、繊細な動きが可能です。


手をスナップするように振るとき、
手や肘の動きを観察してみましょう。
ボールを投げたり、ドリブルするような動きです。
 
肘が楽になると、手首は動きやすくなり、
手首が動くと、指も楽に動けるようになっていくのでは。

指先や、肘の動きにも、自由さがあることで、
曲げ伸ばしの作用が相互に働き、
柔らかくしなる動きとなって(→♡)
腕全体へ、身体とつながりながら、
パワーを伝えることができるのですね。


腕の構造
じょうしこつ【上肢骨】


頭から脊椎につながる動きがあることを思いだしながら、
自分全体を眺めるような意識でやってみます♪

いつものように、問いかけてみましょう。
なんとなく動いてしまうのを止めてみます。

やりたいことのために、
指や、肘とは、どんな関係にある?

どんな動きがある?
どれくらいの力でできる?
 
 
意図を整理していくと、
次に動き出すためのゆとりができそうです。


データの整理をして、メモリの空き容量ができて、
サクサク・・・という感じ、かな?(笑)



♡おまけ
  [しなる]を変換したら、→[撓る]と出ますね!
  なるほど~撓という難しい字は骨がしなっていることを表しているのですね~。
  
  撓骨:前腕の二本の長い骨のうちの一つ。

  骨にしなりがあることで、前腕の2本の骨は交差して、
  手のひらを返すこと(回内/回外)ができるのですね。 


***


合気道の稽古で。

半身の構えで、
前後の重心移動、
身体のつながりの鍛錬。
船漕ぎ運動の基本動作を練習しました。


指先は楽に、
ポンとほうり出すような感じです。

ぎゅっと握っていたら、
腕は伸びて行きにくいのです。

押し出す手首のスナップのような動きは、
足腰とつながることが肝要。

腕の力とは違う、
全体の使い方であるというお話でした。

「1000回やったっていいんだよ」
と先生。
ひぇーーー

指先・手の向きにも、
力が働くための機能的な方向性があります。

技では、関節の取り方で小手をきめたり(動けなくすること)、
動きには梃子(てこ)の作用があったり。


バランス移動は、こちらの優位に動きながら、
丸く流れるように支点を変えて、

相手の関節の動きを固めて、軸とのつながりで持ちこたえられない所へ動かしてしまう。
動きの意図は、ほんとに興味深いなぁ。

体験を重ねながら、
どんな意識で動いていくのか、
その意味をまた新たに学んでいくのですね。

*小手:①手先。腕先。②手首と肘ひじとの間。 

*船漕ぎ運動に興味のある方は、こちらにとっても詳しい説明があります。
私も稽古している小林道場の大先輩が、道場長をされています。

 会津合気会ホームページ
http://aizuaiki.com/index.php?%E6%8A%80%20%E8%A1%93%20%E8%AB%96


最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。