手を使う時の、親指の働きは興味深いなあ、と思います。


携帯やゲームなど、親指はとっても器用に操作していますよね。


竹animal-panda1
写真のパンダは竹を持って食べていますが、
5本の指の他に、上手につかむための6指突起という骨があるそうですよ。
指と向かい合わせて、肉球とはさんでしっかり持てるんですって。

写真は、上野動物園パンダ大百科より拝借。

解説 http://www.ueno-panda.jp/dictionary/answer01.html
リーリーとシンシンの動画も可愛い❤


人の手の親指は、他のどの指先とも向かい合わせることができるように、
様々な方向に動きます。
親指の使い方のヒント2 ~手首


 
手のひらの向きの調節は、肘の動きと関わっています。
手のひらを表裏にひるがえすとき、肘からの動きがあります。
肘の手を回すしくみ


やりたいことのために、
手のひらと指先がどちらに向かって動くのかなど、
腕全体の働きとともに観察するのも面白いなぁと思います。


バレエでは、指先からの軸で腕を回し、
腕から胴体へつなぐことを意識してみたり、
合気道でも、手と指の向きの働きを教わると、
なるほど~!まるで動きやすさが違います。



演奏でも、観察してみましょう~♫
 
 
親指の指先は、どちらへ向かっているでしょうか。

そして、その時何を動かしているでしょうか?

それによって、何が起きてほしいのでしょう?


カテゴリ別アーカイブ

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。