梅雨入りしましたね。
真夏のような暑さから変わって空気がひんやりしました。
植物は生き生きとして、
欅は今年も新しい枝をグンと伸ばし始めました。
K0010124

「チェロと歩む」にタイトル変えてみました。
雨の日に楽器を持って歩くとき、けっこう大きな傘をさします。
それでもやっぱり自分もぬれてしまいます(笑)、
雨の日のもう一つの必需品はタオルです。
 
       **********

楽器を持っていて座るとき。
大切に楽器を扱いますね。
自分の体も大切に。


楽器を扱うとき、腕が仕事をしているのはもちろんですが、
レッスンで見て下さったジェレミー先生はのこと()をおっしゃいました。

楽器を扱うとき演奏以外で何をするかといいますと、
チェロの場合、
まず、床に置いてある状態ですと、取りあげるためにかがむ。
エンドピンの長さを調節するためにかがむ。
ストッパーを置くためにかがむ。
譜面台の位置・高さ調節。近づいたり離れたり。
そして運ぶ・歩く。座る・立つ。

なるほど膝を使いますね!


思えば過去3回ぎっくり腰を経験しました(泣)
その時は、これらの動きがどれもが大変!(痛)

『腰に負担をかけないようにしたい』

たぶん多くのチェロ奏者の気になるところです。


ちょっと思い出してみます。

自分の体を少しでも低くかがめる必要がある時、
どんなふうにやっているかしら?

頭が下を向いて、背中を曲げては起こし・・・

首から背中や腰にとっては大変な仕事を繰り返し続けて、
悲鳴を上げたのね!?と思い当ります。


*足首と膝股関節で、身体の高さを調節することができる。
前へ身体を倒したり、戻して起こしたりするときは、股関節から動くようにする。

正座をし、立ちあがる時のことを思うと、まさにその動きですね。
普段の生活に正座は少なくなりましたけれど。



<チェロを立てるとき>

チェロは、下に楽器を支えるエンドピンがあるので、縦に長いです。
まず楽器を、床に安定させる必要があります。
ピンを刺してもいい場合は、しっかり刺します。
エンドピンの調節。ストッパーを置く場合、
この作業の為に*を思います。

まず必要なだけ足首と膝と股関節を使って、かがみます。
それから手がそこへ行くと思って、作業します。
足首と膝と股関節が一緒に動いて戻ります。



<座るとき>

「変な格好みたいに思うかもしれないけれど、
おしりを後ろに突き出すようにしていって座ってみて」
とジェレミー先生。

股関節が曲がり、膝が曲がっていきます。
座骨を椅子に向かうようにします。



「膝はつま先の方向へ曲がっていき、
膝はお互いに離れて行くようにして。恥ずかしがらないでね」
先日ヴィヴィアン先生はこうおっしゃいました。


おしりの方向膝の方向どちらも意識してみましょう。

その時、頭はどうなっているかを思い出すと良いのでした!
首を楽にして、頭が動けるように思ってみます。

頭がからだのてっぺんでバランスをとりながら、
それに身体全部がついていって、座るために*を思います。


股関節から動き出して、座っていきます。
おしりを後ろの方に出すように、
座骨を椅子に向かうように、
膝はつま先の方向へ曲がっていくように、
膝はお互い離れて行くように、
頭が身体のてっぺんでバランスをとることを思いながら座ります。



腰が痛い方は、座るときに注意してみてくださいね。

ありがたいことに私はすっかり腰痛がなくなりました。


楽器を構える事について、また書きたいと思います。



最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。
 
どうぞコメント・メッセージをお寄せ下さいませ。
ご感想、ご興味のあることなどお書き頂けましたら嬉しいです。
お待ちしております。