チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

カテゴリ: 今日の学び

いつものようにやろうとすること

先日、合気道の昇級審査を受けました。広い本部道場で受験は2度目です。100人近い人たちがいる前で、初めて組む人とやりました。1つの技で、あわててしまいました。出来るつもりのことが、最初の動きだしの手を間違えたら、そのあと出てこなくなってしまいました。あれ?なん

響きあう 2

先日のクラスで。自分の声が、身体全体に響くことがわかった時に、部屋全体の響きにも気づくことができ、そこにいる人たちにもお互いに響いている、ということに、はっ!としたのでした。自分自身が響くのだという信頼は、響きの豊かさと、空間でのつながりを思うための、大

動かしているものは何?

手の触れかた、持ち方、力加減などが気になっていました。合気道で相手の腕をさばくとき。自分の動きに力んで固さがあったら、動かされる方にも即座に、その固さが伝わってしまうのだなぁ・・・。アクティビティで、先生からのアドヴァイス。「相手の骨を動かすことを考えて

演奏や朗読などの表現で、自分全体をどのように意識して使うのか、というアイディアをもつことで起きる変化。音や声の、響や表現の存在感と質の違いはまさに感動的♪先生のご指導のもと、本当にその変化を毎回目の当たりにしています。チャレンジし、変化を受けとめる勇氣も

ああこんなことが、自分とその周りの広がりに、ある。 ただ、そんな観察をしてみたら。 何が見えるだろう。 今、何に気付くだろう。

つながり2 招く

今回あらためて大切だなと思ったのは、招き続けること。 周りとつながり続けようと思うと、 動きが流れ出して、生き生きとして、滑らかさがある。 気付きが起きやすく、もっと繊細になれる。 周りの人は、そんな様子にすっと引き込まれていくのだな!と思いました。

久しぶりに紀美子さんのレッスンで。 楽器を手にするところから。 いったいそんなに力がいるの? どれくらいの力で持てるのだろうか?と聞かれて、 結構重たいし、しっかり持たなきゃ・・・ それで、手に力を入れていました。 それが必要だと思っていてやっていたのです。 指摘されると、そうかなあ~と思ってしまったけれど、 何度か試すうちに、やっぱりそんなに力は要らないと思うのでした。 手の力を一度リリースして。・・・ 楽器全体と自分の様子に気付きながら、 頭が動いて、どれくらいの重さかなと思いながら楽器に触れる。 そうすると、無駄な力と動きが減っていきます。

「心地よく・自分らしく音楽したい人のためのワークショップ カラダ編」 が昨日開催できました。 今回初めての企画に一緒に取り組んでくれたMiyukiさん、ほんとうにありがとう! そしてどんなことをするのだろう?と思いながらも参加して下さったみなさんに、心から感謝しています。 実際本当に、ブログやチラシでお知らせしたような、ご自身の悩みや望み、遊び心をお持ちの方が来てくださいました。 そんなお一人お一人に寄り添いたいと思っている私たちの伝えたいことを、熱心に受け取って下さいました。

康裕先生の授業から。 「いすに座っている時、立っているときも、いつも自分の身体全体を思いだしてみましょう。」 例えば、自分の重さを普段は忘れているけれど、 動こうとした時に、重たくて大変と思う時があります。 動きにくいなと感じることもあります。 ドスンと座りこんでいる自分に気付いて、 その時、もっと椅子に軽く座っていることができるのだ、と知ったら、 自分をもっと楽に扱うことができました。

江利子さんのワークショップにて。 自分への失敗やストレスに対する受け止め方。 自分に優しくすることは、他の人にとっても優しいあり方へつながっていることを感じました。

「何が聞こえているでしょう?」先生の問いかけ。 情報は、同時にさまざまなものがやってきている。 聞こえてくるもの。

康裕先生のボディ・シンキングのクラスにて。引き続き、腕について学んでいます。腕の力をどのように使っているか、普通はそんなに気にしていませんし、当然必要だと思っている力が入っています。 思っていることが、どのくらいすぐに身体に影響するか、実験しました。パー

演奏中に思い出したい、自分と周りとの意識について。 演奏しながら、周りが見えているかしら。 集中しようとしていると、そのものに意識をむけすぎて、周りが見えなくなっていることがあります。 そんなとき、身体が固まっていませんか。

肘に関連して、椅子に座り譜面台に置いた弓へ手を伸ばす時、弓を手に取る腕から指の動き。 このところ意識して練習ていました。 弓を見て、自分の全体と手の様子に気づきながら、余計な動きをしないで、まっすぐ弓に行けるようにやってみました。 見て頂くと、 「何度も言うけど周りは見えてる?」 そっちか~弓と手にしか意識が行っていなかったです。 「距離のために股関節から前へ行けるよ。頭が動いて、股関節から動いたら? 手の届くところまで行く、これを準備として使ったらどう? そして股関節から戻ってくる」 手と股関節。 少し弾いたら、かかとが上がって居心地の悪い感じになりました。 「今何を考えてる?」 足に力が入っているなぁ。緊張を取りたいです・・・大腿の緊張に気づき、胴体を背中で少し前後・上下に動かしていました。 「股関節から動いて、股関節から戻ってきたら、それが足に伝わるよ」 かかとが浮いて演奏しているときが時々あるのです。 「そのとき頭のことは考えていた?」 忘れてます。 頭を思って、前に行って、股関節から戻ったら、ホントだ。 かかとが上がらないで床にピッタリ。

構えて弾き始めるところ。 そこが音を作るための、自分をどのように扱うかを練習するのにとてもいい、大切なポイントです。 やはりそこからお願いしました。 何を考えるか、口にしながらやってみました。 さらにたびたびやっている動きについて「今はなにを考えていたの?」と聞かれます。 動きを機能的にするために、どのように考えて動くかをご指導下さいます。 楽器が身体に来る瞬間、楽器へ向かって少し自分が縮んでしまう。 もう少し身体は伸びやかにいられそうだと思うのだけれど? 頭が動けて、自分全体を思い出しながら楽器が自分の所へ来る・・・ 「その時、楽器にしか意識がないからよ。 感覚に入り込まずに、周りを見てごらん?」 なるほど周りは含めていませんでした。 頭が動けて、身体全体を思い出しながら・・・周りを見ながら構えるとき、自分は縮んでいません。 「その時、楽器にしか意識がないからよ。 感覚に入り込まずに、周りを見てごらん?」 なるほど周りは含めていませんでした。 頭が動けて、身体全体を思い出しながら・・・周りを見ながら構えるとき、自分は縮んでいません。。。

歌うこと、倍音のことから、楽器演奏について考えてみました。

キャシー先生の授業での学びより。パフォーマンスをするために、大切なこと。ステージに向かうまでの準備出来るだけ具体的にいろいろなことを、言葉にします。今はいつ?ここはどこ?わたしは誰?その場所で、自分を含む周りの様子に気付いていく。会場まわりで、いろいろ客

何かをしようとするとき、その決め手になるものは?「わくわくする」かどうかを、考えてみるとよいのでした。何が「わくわく」させてくれるだろう? それを考えたら、おもわずにっこりしてしまうこと。 自分がなんだか生き生きできて、幸せな気分になれること。とてもそん

ステージに向って歩く

陽ざしが夏めいてきました。モチの木に、小さな白いつぼみがついているのを見つけました。地味な姿ですが細かくたくさん咲きます。実家では毎年大きなモチの木に、アオスジアゲハが花の蜜を吸いにきていました。ひらひらと黒い羽根に青色が鮮やかに映えて、きれいで見上げて

↑このページのトップヘ