チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

カテゴリ: チェロ

練習のやり方のプラン 生徒さんとのレッスン、自分の練習のための、メモです。①情報収集・演奏したい音楽の、楽譜にある指示は何かな?  どんなことが読み取れるかな?②順番・プラン・こうやってみようと考えてから動いたかな?    あわてて先へ行きたくなっていないか

このところ興味のある、腕の動きと身体のつながりについて考えます。弓を動かすとき、肘は伸ばされたり、たたまれたりします。伸ばす動き(伸展)の力強さにも注目。***さて、腕の重みって何でしょう?「腕の重さをのせよう」と思っているとき、どこでやろうとしているか

弓はどんな弾力や、摩擦があるかしら。どこでどんなふうに働くかしら?***弾みと発音の実験。ピッチカートで、ポンと1つづつ弾いて(はじいて)、ブンと鳴る時の、振動が起きて弦が膨らむ様子を観察。弓をポンと弦に落として弾ませてみます。弓の引っ掛り具合を、弓と弦

親指のハイポジションをたくさん練習しだした頃、痛くて、気持ち悪くなったことを思いだします・・・初めは少しづつやりましょうね。できるだけ痛みや不快さも無くして行きたいものです。とっても意外かもしれませんけれど、正しくしようと思うとき緊張がおきやすく、急いで

胸

チェロの場合、楽器と触れて、支えている所の一つに、胸部があります。胸部のことついて、少し書いてみました。腕の構造は、胸骨とつながっています。右図にて赤色のところです。胸郭の前中央にあり、胸骨の上部に左右の鎖骨との関節があります。 胸骨は、左右の肋軟骨のと

手首のつながり

手首を柔らかくしたい。と思う時。手首が柔らかいことで、どこにどんな動きを生み出したいのでしょう? 実際に起きていることは何でしょう。手首が動きにくくなっているときは、首をギュッとしていないかな。 その時の指や肘の動き、からだの様子はどうでしょう?どこかの

練習していて、思いあたりました。上手くいかなかいところは、やっぱり見えていなかったな~と!見えているようにと意識してみると、変化に氣がつきやすく、動きも変わって来るのではないかしら。考察指使いを間違ってしまう時、今弾こうとする音の前後の関係性が、良く分か

音の立ち上がりを良くしたい、どうもうまくいかないな~と思う時。「ちゃんと、かすれないように」しよう。「もっと強く」「もっと早く」しなくちゃ。「ちゃんと」「もっと」この辺でグルグルしませんか?「ちゃんと」「もっと!」のかわりに、発音のために何をする?必要な

腕を長く

身体の動きには、拮抗する働きがあります。曲げる・伸ばす反対の作用が起きることで、力を出し、緩む事ができ、支えたり、安定させたり、 動くことでバランスします。立っている、座っているだけでもいつもこの働きがあって、歩くためには、足を蹴り出したりバランスを支え

腕を休める

すっかり初夏の陽射しになり、緑を揺らす風も爽やかです。      ***************腕に力が入って、窮屈な感じがするとき。腕を楽にするために。以下考察です。楽器に触れる手の動き出しを、指先から始めていきます。腕は、指先の方向について行ってみよ

右手と左手のつながり

楽器(チェロ)演奏についてです♫スラーの移弦を滑らかに弾きたいとき。音程の跳躍で滑らかに変わりたいとき。もし何か上手くいっていないかな・・・と思うことがあったら。楽器を演奏する時は、左右の手が違う仕事をしています。とても繊細な作業ですね。どんな関係性があ

速い指の動きを練習していたら、腕が疲れてしまうような力が入っていたことに氣が付きました。腕が固くなってしまっては、指は速く動きくいですね。腕や指をふっと休めるタイミングを考えてみます。どれくらい手と腕をリリースできるかしら?音の終わり、指を上げるとき、ポ

弓先のために

「弓先が弾きにくい」とき。実際、何が起きているかしら?と眺めてみましょう。「弓先に届かない」「音がかすれる」「弓が滑っている」「弓が離れる」どう考えてやっていたでしょう?本当にやりたいことは何でしょうか。どのように考えたらいいでしょう。一例として、書いて

クラスのアクティビティで演奏をみて頂き、コンチェルトを少し弾いてみました。冒頭、重音で勢い良く軽快に始まる曲です。なめらかなスケールの上り下り、スタッカートの生き生きとした表現。力が入って、音が固く伸びやかさがなくなってしまい、細かい動きで、動きにくなっ

音の出だしを気持ち良く始めるために。 音を出す前に始まっている動き、 弓を運ぶことについて、考えてみます。 やりたいことはシンプルです。 最短距離を通ってみましょう。

もっと早く、ちゃんと、正しく・・・間違わないように、あわてないで、落ち着いて、とも思いますよね。例えば、ついやり直したとき!アッと思った、そこがポイント。どうしてそこで弾き直したのかな?そこが、もっと違うようにやりたかったのですよね。実際何を考えていたで

思考と選択2 コンサート

先日、東京文化会館の小ホールでのコンサートに参加させて頂きました。芸術の殿堂である、あの舞台に上がるのか。そう思うだけで、緊張してきました。素晴らしいホール、きっといい響きに違いない。そう思うと、響が演奏を助けてくれるのだと思えました。コンサートに向けて、今の自分の状況、自分の気持ち、その時の周りの様子を受け止めてみることをやってみました。

サラ先生

自分に身体に意識を向けること。演奏にまつわる身体と心のざわざわ、しなくちゃいけない、あれやこれや、ちゃんとやろうとか、身体が今すぐやりたがっていることを静めること。

親指の使い方のヒント3

左手の親指が痛くなってしまう時、どうしたらいい? 反射的にギュウッと力が入って動こうとしていること、 それをしなくてもいいと思えるように。

↑このページのトップヘ