チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

カテゴリ: こころとからだ

いつものようにやろうとすること

先日、合気道の昇級審査を受けました。広い本部道場で受験は2度目です。100人近い人たちがいる前で、初めて組む人とやりました。1つの技で、あわててしまいました。出来るつもりのことが、最初の動きだしの手を間違えたら、そのあと出てこなくなってしまいました。あれ?なん

響きあう 2

先日のクラスで。自分の声が、身体全体に響くことがわかった時に、部屋全体の響きにも気づくことができ、そこにいる人たちにもお互いに響いている、ということに、はっ!としたのでした。自分自身が響くのだという信頼は、響きの豊かさと、空間でのつながりを思うための、大

前回の、胸骨のマッピングは、先日のワークショップでのトピックでした。ビル・コナブル先生は、アレクサンダー・テクニークの先生。私達がどのように自分全体を使っていくか。「ボディ・マッピング」の考えを役立てます。身体は、自分の思っているようにやろうとしているの

目の動き

なんだかやりにくいときは、身体と一緒に、目の動きも固まっていないかしら。不用意に、動いちゃったな・・・。そんな時は、何が見えているでしょうか。やりやすさを、目の動きから思ってみるのも興味深いです♪***実験1周りを見ます。椅子に座って、手は膝に。まず目の

音の立ち上がりを良くしたい、どうもうまくいかないな~と思う時。「ちゃんと、かすれないように」しよう。「もっと強く」「もっと早く」しなくちゃ。「ちゃんと」「もっと」この辺でグルグルしませんか?「ちゃんと」「もっと!」のかわりに、発音のために何をする?必要な

見えていること

春を待ちかねて、ミモザを飾りました。朝日が輝いて。       ************よくわからないなぁ~と思う時。手がかりに氣付けるきっかけのために。「今、何が見えているだろう?」「見えている」と意識してみたら、何が見えてくる?どんな動きがある?あれ

グレッグ先生のクラスで。一昨年の記憶を振り返ってみると、「あなたは、今どこにいますか?」「観察してる?」という問いかけから始まったのが、とても印象的でした。アレクサンダー・テクニークを学び始めてまだ間もないころで、戸惑いながらも、新鮮な問いかけでした。今

ウィーン=ベルリン ブラス・クインテットという金管五重奏団による、先月12月に文京シヴィクホールで行われた来日公演を、幸運にも聴きに行くことができました。ウィーン・フィルとベルリン・フィルから選抜された、オーケストラの主席奏者たちによって構成されています。そ

呼吸と股関節の動きやすさ

呼吸の様子はどうかな?と意識してみるとどうでしょう。 息が自然に入ってくる、呼吸のしやすさを、動きやすさの目安にしてみましょう。

演奏や朗読などの表現で、自分全体をどのように意識して使うのか、というアイディアをもつことで起きる変化。音や声の、響や表現の存在感と質の違いはまさに感動的♪先生のご指導のもと、本当にその変化を毎回目の当たりにしています。チャレンジし、変化を受けとめる勇氣も

次の準備を思ってみます。やろうとすることを、あらためて意識的に眺めてみると、身体は思うや否や、すぐに動きだしていたり、ちゃんとやらなくてはと思う時、すぐさまやり直したくなり、またくり返してやっていたりします。そこでまた急いでやらないで、止まってみる。思っ

観察の、続きです。「~が見えている」と気が付いて、「~と思っている」と気が付いてみる。では、今「何をしている?」身体の動きを意識してみましょう。ちょっと興味を持って、いつもの「やり方」を眺めます。実験です。毎日何度か必ずやることから、ドアの開け閉めなどを

弓先のために

「弓先が弾きにくい」とき。実際、何が起きているかしら?と眺めてみましょう。「弓先に届かない」「音がかすれる」「弓が滑っている」「弓が離れる」どう考えてやっていたでしょう?本当にやりたいことは何でしょうか。どのように考えたらいいでしょう。一例として、書いて

クラスのアクティビティで演奏をみて頂き、コンチェルトを少し弾いてみました。冒頭、重音で勢い良く軽快に始まる曲です。なめらかなスケールの上り下り、スタッカートの生き生きとした表現。力が入って、音が固く伸びやかさがなくなってしまい、細かい動きで、動きにくなっ

ああこんなことが、自分とその周りの広がりに、ある。 ただ、そんな観察をしてみたら。 何が見えるだろう。 今、何に気付くだろう。

ここち良く立つ

ミュージカル公演、夏の地方ツアーも無事終了しました。春・夏と合わせて、なんと5万人ものお客様に覧いただいたそうです!どうもありがとうございました。帰り際に、記念撮影できました.ふわっふわ♡                **************先日、H

音の出だしを気持ち良く始めるために。 音を出す前に始まっている動き、 弓を運ぶことについて、考えてみます。 やりたいことはシンプルです。 最短距離を通ってみましょう。

もっと早く、ちゃんと、正しく・・・間違わないように、あわてないで、落ち着いて、とも思いますよね。例えば、ついやり直したとき!アッと思った、そこがポイント。どうしてそこで弾き直したのかな?そこが、もっと違うようにやりたかったのですよね。実際何を考えていたで

新しさ

新しさに、身を置いてみる。 ちょとした好奇心で♪ 写真は、初めて作ってみた梅干しです。 きれいに赤くなりました。

↑このページのトップヘ