チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

カテゴリ: レッスンメモ

生徒さんとのレッスン模様。今日は何をやりましょう?取り組みたい課題はありますか?そんな風にお尋ねしています。進み方は、みなさんそれぞれです。毎週エチュードと曲を着々と、ずっとバッハの無伴奏、練習計画を緻密に立てる、じっくりデュオ曲集を進める、難曲にチャレ

生徒さんとのレッスンから。演奏するために、動こうと思うたくさんの瞬間。何が見えていたかな?楽譜の向こうには何が見える?譜面に集中しようとすることで、視線を固め、呼吸を止めて、身体を動きにくくしていないかな。自分を小さい所に閉じ込めているかも!そこから出て

新しいことをするときは、ちょっと怖い気持ちがします。ずっと前のことですが、車の運転免許の講習を受けていた時のことを、思いだしました。 反射的にブレーキを踏むのは上手に出来ていたのですが、なかなかスピードが出せません。課題は、恐怖心なのでした。先生は、そん

練習のやり方のプラン 生徒さんとのレッスン、自分の練習のための、メモです。①情報収集・演奏したい音楽の、楽譜にある指示は何かな?  どんなことが読み取れるかな?②順番・プラン・こうやってみようと考えてから動いたかな?    あわてて先へ行きたくなっていないか

弓はどんな弾力や、摩擦があるかしら。どこでどんなふうに働くかしら?***弾みと発音の実験。ピッチカートで、ポンと1つづつ弾いて(はじいて)、ブンと鳴る時の、振動が起きて弦が膨らむ様子を観察。弓をポンと弦に落として弾ませてみます。弓の引っ掛り具合を、弓と弦

手の動きを支える

レッスンで生徒さんと取り組んでみたことから、手の動きを支えるものについて、今回は、足までのつながりを考えてみますね。右の図で、骨格と関節の様子を見て、手から足までたどってみましょう。たくさんの骨と関節があります。(主なものしか記載されていません)実験楽器

ある生徒さんとレッスンで。楽譜の束を持っていらして、やりたいことがいっぱいあるのが分かります。いつものように、今日は何をやってみたいですか?とお尋ねします。好きな弾きたい曲をご自分で選んでいらして3回目。指使いも良く考えて、練習してみえました。ポイントをい

レッスンで生徒さんとのやり取りから、思ったこと。 できた!と思ったとき。 もう一度できるかな?と思います。 そこから、次にどうするか。 同じようにできること、がいいのでしょうか?

ちいさなお嬢さんがレッスンに来てくれました! 不思議な引き合わせを感じています。 1/2サイズの楽器を自分で抱えて。 弾きたい気持ちを大切に。 体験レッスンにて。

初めて触れる音

あたたかな陽ざし。爽やかないい風が吹いています。楽器とどんな風に出会いましたか?初めて手にした時、どんな感じがしたでしょうか。その大きさ。ふしぎな形。感触。重さ。材質や艶、輝き、装飾・・・。きっとどんな楽器でも、その美しさと神秘に心を奪われる瞬間です。ち

土手にかわいい土筆がたくさん出てました。欅の新緑も柔らかに芽吹いてます。チェロの生徒さんとのレッスンにて。私自身が学んだこと、どんどん実践(実験!)してみています。椅子に座るとき楽器を構えるとき弓を持つ時弓を弦のところにもってくるとき指を弦にもってくると

↑このページのトップヘ