チェロと歩む 

チェロ弾きの日々の氣付きと学びの記録。
チェロと毎日をもっと自分らしく、心地よく楽しむために。
~清野佳子のブログです~

カテゴリ: 日記

食いしん坊ブログ 

梅干し作りは、2年ぶりで2回目。

2年前は、きれいな青色の大きめの梅で作ったところ、
出来上がりの皮がとっても固かったです。

初めての梅干し→2015年08月05日


でもとてもおいしかったので、また作ることにしました!

今年は張り切ってたくさん作ろうと、2週間ほど間をあけ、2回仕込みました。



***



1回目、届いたのはきれいな小梅1キロ。KIMG0823
おにぎり用に良さそうなかわいい大きさ♪
とてもいい香りがします~!

以前の経験から、
今回は青味もありうっすら黄色くなってきたくらいで漬けました。

洗って、半日水に漬けてあく抜き。
水氣をよく吹き取って、アルコ-ルをまぶします。
小梅は、1つ1つ、ちっちゃなヘタを楊枝で取ります。

容器は味噌をつけるのにも使用するホーロー製、アルコールで消毒。

1キロの梅で、塩は梅の重量の8パーセントくらいにしました。 
梅に塩をまんべんなく振りかけながら、入れていき、
最後に上から残りの塩を全部ふりいれます。

梅の上にお皿をのせ、梅と同重量の1キロで重しをします。
味噌作りの応用で、1キロの塩をチャック付きの袋で密封したものを使いました。

ふたをして、2週間ほどすると、塩が回って水分が出て白梅酢が上がってきます。
様子をみて、ゆすって上下を返しました。

水が十分上がってくれば、まずは下漬け成功。


梅を買った時に添えられていたレシピには、
もうそれで食べられるとあったけれど、
やっぱりピンクの梅干しが食べたい。

前回は生のシソの葉を枝からむしって、
12017梅干し 20232024_1912035599012157_3708600399280174089_o
洗って、塩でもんで、何度かあく抜きして、
という手間もかけてみた。

今回は新鮮な生紫蘇の葉が手に入らなかったので、
市販の梅干し用の処理済みパックを使用。

ひたひたに梅酢が上がってきていますので、
その上に紫蘇を投入して、
またふたをして漬けこんで、1月くらい置きました。


梅雨が明け、ろそろどうかな?と覗いてみると、
きれいな赤い色に染まっています。

できた水分は赤梅酢です。
赤梅酢も瓶に入れて日光消毒します。
今回は第2段に再利用・・・はたして、どうかな。

ざるに上げて広げます。
ふっくら、つややかです。


お天気を見て、3日干すのですけれど、2017梅干し2 20374376_1912984072250643_7255915607576609312_n
梅雨の間の方が日差しが強かった~!

梅雨明けしてからのお天気はいまひとつですね。

なんとか初日は良くお日様にあてることができ、
2日目は残念ながら扇風機にあてつつ部屋干し(笑)
3日目はまた日光で消毒して、表面も乾いてきてよさそうです。


塩味も柔らかさもばっちり。
香りがいい。きれいな色。

なんだかもう、とっても愛おしい♡
 
瓶に保存。
さっそくお弁当のご飯に、1つのせました。

大満足です。
これから大事に食べまーす。

今年の2回目の梅の方はもう少し漬けておきます。
 


最後までお読みいただきどうもありがとうございました。
 

真夏の日差し、眩しいですね!
私の日常の生活の中でのことも、書いてみようと思います。 

太陽の日差しをいっぱいに受けて、果物の甘~くなってくる季節ですね。


桃をたくさんいただきました。
こんなに美味しくて、幸せな果物はないかも♡と思うほど嬉しい。


今日は、「美味しく味わいたい!」という望みについて、
大切なプロセスを書きます~アレクサンダーではありません(笑)



食べごろの個体の見極めはなかなか微妙ですよね。
ほぼ完熟で出荷されますし、扱いもデリケートです。
見た目は白くても完熟とあれば、どんどん食べるべし!

少し固めは香りがさわやかで、切りやすい。
柔らかいと甘さが広がって、ジューシー。

保存は
・風通しの良いところにおく
・ラップに包んで冷蔵庫に入れる
と、添え書きにありました。


柔らかくなると皮を剥きにくいですよね。
そこで、湯むきがお勧めです。
トマトの湯むきと同じ要領です。


・お湯を小鍋に沸かし、氷水を用意します。

・お玉に乗せてそっと湯どうしします。
20秒くらいで十分。ポチャンと入れるとお湯がはねて危ないので、そっと入れます。

・氷水で熱を冷やします。
キンキンに冷やすと甘さを感じにくくなるので、ひんやりするくらいで良いと思います。

・皮をつまむと、つるんとむけます。
柔らかいと切り分けるとき汁がこぼれて来るので、そっともって、お皿を下において、汁を受け取ります。
 最後は種の周りの美味しいところも、お皿の果汁もいただきます。むく人の役得ですね\(^o^)/



たくさんあって食べきれないとき、コンポートも作ります。

・砂糖と水と煮立ててお好みの甘さでシロップを作る。
イメージは桃の缶詰の甘さ。ほんのり甘いくらいがいいかも。

・湯むきして、切り分ける。
すぐ茶色く変色してしまうので、切り分けたものからすぐシロップに入れる。

・剥いた皮のピンク色の濃いところも一緒に煮ると、きれいな色も出ます。

・さっと煮て火が通ればいいと思います。
仕上げに少しレモン汁を入れても。なくても。

・冷まして冷蔵、お早めに。
もしくは冷凍。冷凍庫に幸せを保存できる!

シロップも香りを楽しめて素敵な美味しさです。
とても喜ばれるデザートの1つです♪


こんな記事もこれから書いてみますね。



最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

昨日、小さなコンサートで弾きました。
チェロ一人でした。


ワイズレディースクリニックのログハウス。

出産前の妊婦さん達のためのレクチャーの後、
「生の楽器の響きに触れてほしい」という理事長先生の計らいで、
度々こちらで演奏させていただいています。

ログハウスということでご想像がつくように、
ガラス以外は周りが全部木で出来ていますから、
全体にチェロの響きが広がります。

皆さんは、フロアにクッションマットを敷いてゆったりと座っています。
横になって聴いて下さってもいいのです。


曲目はなじみのあるもので、クラシックの器楽曲と、
歌詞にメッセージのある曲を選びました。
簡単な曲についてのお話を交えて6曲ほど。

伴奏が無いので、作曲家が曲を作った背景などをお話しすると、イメージを膨らませて下さるようです。

<白鳥>は、伴奏が水面のさざ波の輝きのようなのですが、今回はピアノ伴奏はありませんから、長い首を伸ばし今にも大きな翼をはばたかせて飛び立ちそうな様子など想像してはどうかしら?
<愛のあいさつ>は、エルガーが婚約できた喜びを恋人に贈った曲。
などなど。

歌の曲は、歌詩を朗読します。

心に残るメロディーは、
聴くときの、ひとそれぞれの思いに重なりますね。

<風の***><やさしさに*****>
木の葉のざわめき。くちなしのほのかな香り。
髪を揺らし、頬をなでる風に氣付くとき、

歌のメッセージや思いがよみがえるといいな~と思います。


チェロが、どのようにして出来ているのか、少しお話しました。

樹が育まれ、切りだされ、形づくられて、
この手にするまでの時の流れや、樹と人とのかかわりにも思いをはせます。


そして理事長先生の作詞作曲の<スターティング・オーバー>は、
たくさんの子供たちの誕生をその手で迎えてこられ、
育んで行くご家族への思いが溢れています。


チェロの響きが、みんなと一緒の空間、
ログハウスの木の床と全体に伝わって、
赤ちゃんにも届きます。

演奏を聴いている時の赤ちゃんは、
ぽこっぽこっとお腹をけり、良く動くのだそうですよ~♪

一緒に音を感じてくれているのですね。

その小さな足で走り出し、瞳を輝かせ、白鳥gatag-00002160
かわいらしい口が歌いだす日がくるとき、
何と嬉しいことでしょう♫


音と、いのち。

この瞬間、この響がもたらす思い。

またいつの日か、音からあふれだすいのちへの思い。




最後までお読みいただきどうもありがとうございました。



楽器とのつながりを思い、
自分全体を眺めてみたら。


自分を含めた周りを眺め、
周りの何とつながっているかを思ってみたら。

自分と一緒にいる人たちと、
この瞬間奏でられる音楽、響く空間に氣づけたら。


自分が今何をしているか、
今この瞬間を、眺めてみたら。

今、ここにいる、
本当に、この一瞬一瞬を思うことができたら。



起きていることを受け止める。
そして、その時何を思い、どうしたいのか。


今したいことがはっきりと見えている人がいると、
そんな、素敵に溢れでるエネルギーに、
とっても惹きつけられるなぁ。


その時受け取ったことに、
どう反応するかは、私自身のあり方次第なのだな。

どう受け取られるかは、
受け取る人次第!ということでもあるのだし、
怖れずに、やってみたらいいのね。

変化することも、選択肢。


たくさんの瞬間、たくさんの選択があり、
そこから現れ続ける何かは、
一期一会のかけがえのないもの。

2度と、同じ体験は本当に無いのだと思ったら。

思いが、本当にどうしようもなくあふれてきたときに、
きっと1000回くらい弾いた曲なのに、
あぁ、こんな音が出るんだなぁ。
こんな風に弾く自分がいる、とわかった。

包み込む大音量の中でも、決して埋もれることは無い。
皆のそれぞれのどの思いも、
一緒に輝いて連なっているのだ。


いっぱい悩んだこと、
思わず笑顔が浮んだこと。

ホールに静かに溶けて行く響。
足元から全身に伝わる振動、鼓動。

すべて一つになって、揺り動かされる感動。
みんなと一緒に、この瞬間につながる。

KIMG0403
ありがたくて、嬉しくて、せつなくて。


とっても不器用だけれど。
今この瞬間の思いを胸に、
1つづつ、また1歩、進んでいこう。

そう思ったのでした。



最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。


響を見つける

 

頭が動けるようにと思いながら
周りの空間に意識を持って
空間の中の自分全体を思って
弾いてみた

すると空間の広がりに
音のあるところを見つけて
楽器は一瞬空間に溶けた

音を思い指が動き
響を思い弓を運び
1つの音とつながる

空間の広がり
音の始まりと終わり
音と音の間

指先が音を選び
弓が動き
音が鳴る

重ねていく響
1つづつ

楽器は音を蓄えていた
そこに音はあった

1つの音の中に広がりが
今にもっと奥行きが
今ここに
深さがあった


                   


身体が自然に動いたとき、
この瞬間はやってきました。

この出会いは、
ああ、これが、
今を生きている、
ここにいるということなのか、
私にそう思わせてくれました。


きっと、あなたもそんな時がありますね♪


あなたに響くものを、大切に。


                      
ご紹介。

未来に向けて大切にしたいこと、
などなど大変示唆に富む、
たくさんの思いが語られています。

後半に音楽について触れています。
音を見つける。
 

お時間のある時、是非聴いてみてくださいね。
とても興味深い30分ほどの対話です。

【長田 弘】今ここにある『なつかしい時間』を生きる!
https://youtu.be/en5iV0igtrA 



最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

関連過去記事です

「頭が動けるように」

自然に 1













KIMG0609ミュージカル公演、
夏の地方ツアーも無事終了しました。

春・夏と合わせて、なんと5万人ものお客様に覧いただいたそうです!
どうもありがとうございました。

帰り際に、記念撮影できました.
ふわっふわ♡

         
       **************


先日、HABに立ち寄りました。
サッカー日本代表が試合をしていたこともあって、とても 賑わっていました。

立ち席しかなかったので、手荷物を入れる大きな袋を借りて、足元に置きました。
とりあえずそこで乾杯。
フィッシュ・アンド・チップスが来るのを待ちます。

テレビの画面があちこちにありますが、メインの大きな画面が良く見えていい位置です。
サッカーはよくわからないけれど、日本の得点が入れば、やっぱり一緒に盛り上がれます。


周りの楽しそうな様子が見えていて、
立っている身体の様子に気付きながら。

首はどれくらい楽かな~を思いだしながら立ってみます。

頭が動けるようにと思うことで、
脊椎は頭の重さを伝え、
全身へ動きのバランスが起きる。

身体の重さは足首から、
かかととつま先に重さが分散する。

足の裏にはアーチ構造があって、重さを支えるクッションになっている。
つま先と膝は同じ方向へ、少し外向きに開いて立つ。

いろんな方向へ重さをバランスしてみる。
足首と、膝と、股関節が連動する。

頭の重さは脊椎を通して骨盤から脚へ伝わる。

床の支えがあり、
抗重力の身体を支える仕組みがあって、立っていられる。

上に向かって、ゆるゆるとバランスしながら、動きながら、
足首、膝、股関節、腰椎、肩関節、AO関節へのつながりはどうかな~。


ビールを飲みつつ。
なんだかとっても楽に立っていられて、
あら、立ち飲みが、案外快適。

狭い座席の小さな椅子に座るより、
周りの空間を感じながら立っていると、
身体は動きやすいし、
席が空いて案内があったけれど、断ってそのままそこで。
フィッシュ・アンド・チップスが来て、美味しく頂きました。

日本は得点を重ね、またまた歓声~♪
一日の終わり、ちょっとしたひとときの、
心地よい1杯でした。

楽な立ち方で、楽しみましょう(笑)
立食パーティーなど、機会があったらお試しくださいね。


関連過去記事
  「頭が動けるように」
  胴体の動きのつながり 
  見ること・意識
  ミオ先生 楽さ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

たまに声をかけてくださるお友達に久しぶりに誘って頂いて、
ピアノ四重奏(Vn.Va.Vc)の演奏をご一緒させて頂きました。

素敵な歴史のある洋館での結婚披露宴、
古い木の床のステージ上で演奏しました。
全体を良く見渡せる、高さのあるステージでした。
お庭からの穏やかな陽差しもあり、
落ち着いた雰囲気の会場です。

初めて合う方と、ほとんどリハーサル無しで演奏することもあります。
楽譜の段取りの確認をするくらいでした。

選曲は良く考えて下さっていましたが、初見の譜面も多いです。
皆さんベテラン。
その時々に、ふさわしいと思われる事を、
それぞれが良い間合いを取りながら、
音を重ねていきます。
会場に流れていく、寄り添う響き。

自分に出来ることを、その時役立てることが、望まれていること。
ちょっとした視線や、音の誘い。
それぞれの仕事が合わさって、その空間に響いている。

演奏に伴う果たすべき責任、注意が高まる緊張はあるけれど、
会場にいる人たち、それぞれの思いや、気配り、
幸せな雰囲気とともに、
お互いへの信頼と、インバイトを感じられる、
嬉しいひと時でした。

素敵だな。
やっぱり生演奏っていいものだなぁ~と、嬉しく思いました。
一緒に演奏させて頂き、ありがとうございました。



最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。

どうぞコメント・メッセージをお寄せ下さいませ。
ご感想、ご興味のあることなどお書き頂けましたら嬉しいです。
お待ちしております。  

↑このページのトップヘ